全日
商業科
|
国際経済科
|
情報処理科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 百人一首カルタ大会

学校からのお知らせ

百人一首カルタ大会
2017年01月11日

1月11日(水) 新春恒例の百人一首カルタ大会が行われました。

今年は、競技力向上を目指して12月から句を各教室に歌を掲示しての取り組みでした。

開会式では、校長先生より、一口に「百人」といっても詠み人は、性別・身分・商業等々様々な立場の人がいる。それだけに

幅広い情緒があるので、どうかこの奥深さも楽しんで欲しい、との挨拶をいただきました。

今回の詠み手は、放送同好会4名。 丁寧なアナウンスで競技を盛り上げてくれました。

生徒達は、上の句下の句を諳んじている実力派、反射神経が頼りのぶっつけ本番派、目の前の数枚にターゲットを絞る堅

実派等々、取り組み方は、様々でしたが、全員が競技を楽しみ、歓声と笑い声が絶えない大会となりました。

近年、アニメや映画でも競技カルタの世界で同世代の主人公が活躍する作品が有名であることから、作品名と同じ句が詠まれると

ひときわ高い歓声が沸き起こりました。

このことは、競技後の教頭先生の講評でも触れていただきました。 「映画・授業・インターネットなど、切っ掛けとなるメディアは何であれ、

伝統文化を体験し身に付けていくことは素晴らしいこと。 ドラマ同様高校生の全国大会は毎年開催されているが、今年度は目下8連覇

の高校が、決勝で9連覇が危ぶまれる程の苦戦を強いられた。その相手チームが同じ大分県の高校だったことに同じ県民として感動を

おぼえた。カルタに限らず同郷の高校生の頑張りに注目し刺激を受けていって欲しい」とまとめてくれました。

最後に、大会運営に携わった放送同好会と文化メディア委員に感謝の拍手が贈られて大会が終わりました。