全日
商業科
|
国際経済科
|
情報処理科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 春高バレー県予選決勝で涙

学校からのお知らせ

春高バレー県予選決勝で涙
2015年11月02日

 平成27年11月1日(日) 大分県総合体育館において第68回全日本バレーボール高校選手権県代表決定戦決勝が行われ、本校は強豪東九州龍谷と対戦しました。これまで「打倒東龍」を目標に守備を重点に鍛え、「今年こそは」と王者に挑戦しました。第2セットはしぶといサーブでつなぎ、終盤には追いついてジュースに持ち込みましたが、あと1点がとれませんでした。第3セットも粘ったものの及びませんでした。

 森監督は、「選手は頑張って力を出し切ってくれた」とたたえました。3年生は、「強気で攻めたが1セットも奪えずに悔しい」「来年こそ絶対に勝ってほしい」と後輩に託していました。

【試合結果】

準決勝

     大分商 2-0 臼杵

決勝

     大分商 0-3 東九州龍谷

       第1セット 11-25

       第2セット 25-27

       第3セット 20-25