全日
商業科
|
国際経済科
|
情報処理科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度大分県商業教育研究大会

学校からのお知らせ

令和元年度大分県商業教育研究大会
2019年12月27日

12月26日

 トキハ会館にて、令和元年度大分県商業教育研究大会が行われました。開会行事の後、午前中は、簿記分野と情報処理分野に分かれて教科指導についての研修を行いました。簿記分野はIVY大分高度コンピュータ専門学校の大隈昭典先生、情報処理分野は大分経理専門学校の山村勇太先生による講演が行われ、上級検定試験の動向や指導法などについて研修しました。その後、今年度の生徒商業研究発表大会県大会最優秀校である大分商業高等学校商業調査部の発表が行われました。

 午後は、大分県立情報科学高等学校教諭 藤並敬大氏による第12回全国商業教育指導者研修会報告が行われました。続いて、株式会社モアモスト取締役 河野 忍氏による「終身雇用&定年廃止時代にどういう人材・教育が求められるか」と題した講演、株式会社ローソン ドライ商品本部中部商品部部長 姫野 淳氏による「コンビニエンスストアにおける商品開発」と題した講演が行われました。

 新学習指導要領への対応、今後の商業教育の方向性への示唆、さらにビジネスの最先端での取り組み事例や高校生に求められる力など、今後私たち商業科教員が取り組むべき課題や研修の方向性について、深く考えさせられる研究大会でした。本校商業科教員を含め、全県から商業科教員が参集し、有意義な一日となりました。

 

商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子

商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子

商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子 商業部会研究大会の様子