全日
商業科
|
国際経済科
|
情報処理科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > In Depth : 体育大会を支えた 「そろばん」 の技 !

学校からのお知らせ

In Depth : 体育大会を支えた 「そろばん」 の技 !
2014年10月08日

体育大会8.jpg

 

 

   体育大会の得点集計といえば、パソコンを使うのが一般的。 でも、商業高校である本校では、そろばんが使われています。

 

   今年の体育大会集計係として、見事な 「そろばん “さばき” 」 を披露したのは、珠算部の川本綾香さん(1年) と安部優花さん(1年)。 担当者から競技ごとに届けられる各団別の得点を、決められた方法に従って、正確かつ短時間で計算しました。

 

   「集計は、勝敗を決定する大切な仕事。 間違えては大変なので、慎重に取り組みました」、と二人。

 

体育大会9.jpg

    ⊿ そろばんで、瞬時に計算! ______ 

 

 

 

 

 

 

   幼稚園からそろばんを始めた川本さんは、現在、全国珠算連盟7段。小学校1年生から始めた安部さんは、同4段。二人とも毎日2~3時間ほど、そろばんの練習をするそうです。

 

 

   「10年間続けてきたので、そろばんは私にとって日常生活の一部になっています。将来は、計算能力を活かした職に就きたいと思います。」(川本さん)

  「昇級するたびにやりがいを感じて頑張ってきました。将来は、銀行員になりたいです。」(安部さん)

 

 

   こつこつと努力してきた二人の技能が、今体育大会を成功させた力の一つとなりました。

 

 

               ※ 珠算部  ~ 大分県高等学校珠算・電卓競技大会結果 (10月5日実施