進学重視型単位制普通科高校として新しく未来を拓く

全日
普通科
全日
HOME > フォトギャラリー > 第40回卒業式を挙行しました

フォトギャラリー

第40回卒業式を挙行しました
2015年03月03日

 平成27年3月3日(火)第40回卒業式が挙行され、233名が本校を巣立ちました。
  午前10寺、卒業生はクラス担任に先導されてクラスごとに入場を終え、厳粛な雰囲気の中で式は始まり、国歌斉唱の後、髙木校長から生徒一人ひとりに対して卒業証書が授与されました。

【写真説明】 卒業証書授与の様子

卒業証書授与1 IMG_4930 (640x426).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、髙木啓次校長から、「40回生は私が教員生活の最後に送り出す生徒です。…校訓『誠実・自主・創造』を忘れず、どんな苦しいことがあろうとも、歯を食いしばり初志を貫き通す強い精神力を持って、自分らしい人生を創造して下さい。期待しています。」との式辞がありました。

 また、薬真寺朗彦PTA会長からは、『ささえる人の歌(back number)』の紹介を含めながら、「雄城台高校で結んだ絆を生涯大切にして下さい」と母校を巣立ってゆく40回生へご祝辞をいただきました。

 

校長式辞の全文はこちらから 第40回卒業式式辞

 

 

【写真説明】 校長式辞の様子 

校長式辞の様子 

 

 

 その後、卒業生代表の竹田晴香さんから髙木校長へ、卒業記念品(大判インクジェットプリンタ1台・折りたたみ式机10台・椅子32脚)贈呈が行われ、在校生総代の関百香さんからの送辞と続きました。

 卒業生総代答辞では、飛河杏樹さんによるピアノ伴奏とともに、総代の前田大地君から、「自分たちはチーム40回生として助け合いながら、様々なことに全力で努力してきました。…クラスや部活動の仲間、支えてくれた両親、先生方に感謝します。…大分雄城台高校の今後のますますの発展を祈念します。」と、熱い思いが述べられました。

 最後に、吹奏楽部の伴奏によって、参加者全員で校歌を高らかに斉唱し、感動のうちに式は終了しました。

  

【写真説明】 卒業生総代による答辞

卒業生総代答辞

 

 

なお、卒業式のために生徒会では「プロジェクトG」と題して、卒業生に贈るビデオやメッセージボードの制作を行い、式終了後の体育館での上映や生徒昇降口での展示をおこないましたが、卒業生や保護者のみなさんに好評でした。

 

【写真説明】 生徒昇降口に飾られたメッセージボード

プロジェクトG