進学重視型単位制普通科高校として新しく未来を拓く

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 人間関係づくりプログラム講演会を行いました

学校からのお知らせ

人間関係づくりプログラム講演会を行いました
2020年09月08日

9月8日(火)の1・2限帯に本校体育館で、スマイルワークス株式会社代表取締役の村田祐造氏をお招きして、人間関係づくりプログラム講演会を行いました。本来は、7日にj:comホルトホール大分で実施する予定でしたが、台風10号の影響で本日になりました。

講演会では、「ともだち握手」や「マリオネット(コーディネーショントレーニング)」などのペアワークによるアイスブレイクから始まり、敬意・感謝・傾聴・寛容・配慮が挑戦する心につながるという「みんなもっている太陽の自分」と、否定・当然・無視・狭量・我儘が臆病な自分を生むという「みんなもっている氷の自分」とのバランスを上手くとって“水”を目指しながら、VUCA時代を生き抜くためには「探究心」と「協働心」が必要であるというお話をしていただきました。

生徒の感想(抜粋)

「今日の講演会はとても楽しかったです。動いたり、話したりというものが多くて楽しく聞けました。進路だけでなく人生に関わってくるような話もあり、とてもためになりました」

「一番印象に残ったのは、チームワークを育む「ともだち握手」です。友達と実際にやってとても楽しくて、より一層仲が深まったと思います」

「ほとんどの講演者は“太陽”がとても大切で、どのようにしたら太陽の自分になれるかを講演するが、村田先生の話で“氷”の自分も大切だということを知れて、とても心が軽くなりました」

「今日の講演会を通して、周りに居てくれる親友、友達、親にこれからもっと感謝をしていこうと思いました。心の中で思うだけでなく、『ありがとう』とはっきり伝えることを大切にしたいです」

「最初はただの人間関係の育成についての講演かと思っていましたが、それは全然違っていました。人間関係のことを踏まえたうえでのそれらをどう人生に活かしていくかという内容のものでとても勉強になりました」

「講演会では今私たちが行っているSDGsについての内容が含まれており、目標としていたことが大人になっても役立つのだということを知りました。探究心や協働心が必要になってくることも分かり、SDGsの活動を今後大人になってからも役立てられるように考えていきたい」