進学重視型単位制普通科高校として新しく未来を拓く

全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 水泳の授業で水難事故に備えて、着衣泳を学びました

学校からのお知らせ

水泳の授業で水難事故に備えて、着衣泳を学びました
2019年07月22日

体育の水泳の授業で水難事故に備えて、着衣泳の練習をしました。着衣泳は日常的に陸上で身につけている衣服を着たまま水の中で泳ぐことです。

着衣状態で水に入ると衣服が水を吸って重くなると、一般には思われがちですが、それは水中から出る際と陸上に上がった後であって、水中では着衣状態の方が浮力があり、保温の面からも脱がずに、救助を待ったほうがいいとされています。

生徒は、衣服に空気をためて浮力を利用して、上手に浮く練習に取り組みました。