全日
総合学科
HOME > 学校からのお知らせ > 救急法基礎講習

学校からのお知らせ

救急法基礎講習
2017年02月09日

 2月8日(木曜) 本校柔剣道場にて、教職員を対象に救急法基礎講習を行いました。

 

 この講習は2月10日(金曜)に予定されている強歩大会に備え、生徒の安全確保の方法や緊急時の適切な対処法、AEDの使い方の技術を取得するために毎年この時期に行っている研修です。

 

 講習には教職員約30名が参加、日本赤十字社大分県支部より赤十字救急法指導員の尾田 智史 氏を講師にお招きし、傷病者を救助して、救急隊員や医師に引き継ぐまでの手当や処置について教えていただきました。その後グループに分かれ、練習用の人形を使って胸骨圧迫と人工呼吸の方法、AEDを用いた心肺蘇生の流れを実際に体験しました。

 

 日ごろはライフセーバーをされている尾田先生の指導は実体験に基づいた内容でわかりやすく、身体に異変を感じたら迅速かつ適切に処置を行うことで多くの命を救えることを学びました。今後も研修を重ね、不測の事態に備えたいと思います。

 

【 救急法基礎講習の様子 】

DSCF8993  DSCF8995  DSCF9009  

                  ↑ 手当の基本について教えていただきました。 ↑     

 

DSCF9015  DSCF9018  DSCF9031 

              ↑ 練習用の機材を使って心肺蘇生の実技を行いました。 ↑