全日
総合学科
HOME > 学校からのお知らせ > 平成27年度 「夢ナビ」文化講演会

学校からのお知らせ

平成27年度 「夢ナビ」文化講演会
2015年10月13日

 10月9日(金) 本校体育館にて、平成27年度『夢ナビ』文化講演会が行われました。

 

 講演会では京都造形芸術大学教授の寺脇 研 氏を講師に迎え、『生涯を通して学ぶ-総合学科高校の役割』というテーマで90分間にわたって講演していただきました。

 

 寺脇先生は講演の中で『勉強する』と『学ぶ』ことは違うと話し、与えられたことを暗記する『勉強』ではなく、『学ぶ』という言葉が意味する“まだ答えが見つからない事象に対して自ら考え、追究していく”ことが、変化を続ける社会構造に対する重要な姿勢であると述べられました。例として、限界集落の現状や、近い将来、現存する職業のうち60%が消滅するといわれている事例を挙げ、この問題をどう解決するか、その答えは『学び続ける』過程から生まれるだろうと話されました。

 

 寺脇先生は文部省(現在の文部科学省)在職中、全国初の総合学科高校創立に貢献された経験を持ち、「総合学科高校には、現在多くの大学で行われている『自ら考える』スタイルの学習方法を先取りして経験できる利点がある。西高のみなさんも、問題を見つけたら積極的に情報を収集し、問題の答えを求めて『学んで』いってほしい」という言葉で講演を締めくくりました。

 

 講演後、寺脇先生はステージから降りて直接生徒に話しかけられるなど、気さくな人柄で、大学教授の講演ということで緊張気味だった生徒たちも、最後は笑顔と大きな拍手で寺脇先生をお見送りして講演会は終了しました。

 

【 「夢ナビ」文化講演会 風景 】

DSCF7564 校長挨拶 DSCF7569 ← 教育研究部から講師紹介

 

PA090625 ← 講師の寺脇 研 氏

 

DSCF7597 DSCF7584 DSCF7593 DSCF7582

 ↑ (上) 身振り手振りを交えた熱い講演

 

PA090628 DSCF7596 ← メモを取りながら熱心に聴いています。

 

DSCF7606 DSCF7608 DSCF7610

 ↑ (上) 時には直接生徒に話しかけられる一幕も。

 

DSCF7615  DSCF7617

    生徒会長謝辞       PTA会長から記念品贈呈