全日
総合学科
HOME > 学校からのお知らせ > 大分国際車いすマラソン参加選手の西高訪問

学校からのお知らせ

大分国際車いすマラソン参加選手の西高訪問
2013年10月29日

 10月25日(金)、大分国際車いすマラソンに参加するためドイツから来日しているステファン・ストローベルさんとディルク・ライデンゲルさん(エスコート役)が、授業視察に訪れました。お二人は高校で数学と情報科学を教えている教師なので、2限目の1年次生の情報と数学の授業を見学しました。その後、授業担当者と一緒に、ドイツと日本の授業や高校の違いについて懇談しました。

 28日(月)には、スイスから来日しているビンス・カビシアさんとフゴー・ミュラーさんが来校され、弓道部の練習を見学しました。部員から説明を受けた後、実際に弓を射ていましたが、諦めずに練習した結果、最後は的に当てることができました。弓道部の生徒たちにとっても、初め外国からのお客様を迎えて、良い経験になりました。

 Willcommen in der Oberschule Oita Nishi 英語でお話をしています DSCF1239 DSCF1237

 玄関には、歓迎のポスターが! 校長室で小林校長と歓談     授業視察① 社会と情報  1年6組の授業(パソコン教室)  

通訳ボランティアの方も一緒に来校されました 「場合の数」を勉強しています DSCF1280 DSCF1268

授業の様子を通訳してもらいながら   授業視察②数学                1年6組の授業(313教室)

いろいろな話題で盛り上がり、予定時間を過ぎました 心をこめて、健闘を祈ります! 静かに見守っています 通訳ボランティアさんの助けを借りながら、英語で説明・・・

    講説室で懇談会     「車いすマラソン頑張ってください」   弓道場で練習を見学    弓道についての様々な質問に

高校教師同士なので話が弾みます!    握手で激励!                              部員が答えます

弓に矢をつがえて・・・ フォームが決まっています! 楽しい一時でした ありがとうございました!

  実際に弓を引いてみます  だんだん飛距離が伸びてきました  二人を囲んで記念撮影     最後に部員たちと握手!