全日
総合学科
HOME > 学校からのお知らせ > 第2回 防災避難訓練

学校からのお知らせ

第2回 防災避難訓練
2017年03月06日

 2月24日(金曜) 学年末考査終了後、第2回 防災避難訓練を実施しました。今回は地震発生後、第1棟1階の化学教室から出火した想定で訓練を行いました。

 

 まず各クラスで担任の先生から事前指導があり、訓練の大切さや避難時の注意事項などの説明を受けました。10時50分、地震発生の校内放送が流れると、生徒たちは指示に従って机の下に入り安全を確保。数分後に化学教室から出火の放送が流れると、生徒たちは急いで1階に降り、グラウンドに避難しました。避難に要した時間は1、2年次生平均約5分16秒で、目標の5分をほぼ達成した結果となりました。

 

 避難訓練に引き続き消火訓練が行われ、(株)新日本消防設備の方から消火器の使用法について指導を受けました。マンツーマンの指導を受け、初めて扱う消火器に戸惑いながらも代表生徒4名が実際に煙を上げて燃え上がる炎を無事消火し、初心者でも事前に使い方を知っておけば簡単に消火器を扱えることを学びました。

 

 その後の講評では、大分市消防局 中央消防署の方から屋内の火災の場合、延焼を防ぐため避難時には窓や扉を閉めて逃げるといった基本的な知識を身につけること、教頭先生からは寺田寅彦の言葉「天災は忘れた頃にやってくる」の教訓に従い、いつどのような災害が起きても対応できるよう、訓練の継続が大切であること、といった指導がありました。

 

【 第2回 防災避難訓練の様子 】

P2240005  P2240004    

↑ 10時50分 地震発生の放送で机の下に入り安全確保 ↑ 

 

P2240017  P2240018  DSCF9257 

        ↑ 10時52分 火災発生の放送が入り、グラウンドへ避難。↑

 

DSCF9279  P2240029     

                     ↑ 実際に消火器を用いて消火訓練を行いました。↑ 

 

DSCF9299                 

↑ 中央消防署の方から講評をいただきました。     ↑ 教頭先生からの講評