全日
普通科
|
理数科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 【 臨時休校中の連絡 ㉓ (3/25)】 各学年部より68回生、69回生へ

学校からのお知らせ

【 臨時休校中の連絡 ㉓ (3/25)】 各学年部より68回生、69回生へ
2020年03月25日

 

 

〇 68回生の皆さん 長い春休みを満喫していますか。

担任の先生方から、今の過ごし方を聞きましたので、今日はあと一年を切った受験に特化して書いてみます。

1.受験は頭の中の知識・方法の在庫量で決まります。「分かった気になる」ことが一番まずいことです。頭の中に残るものが多くなければ結局は合格できません。求めるものは分かりやすい授業や課題であってはなりません。分からないことを大切しよう。

2.勉強をやっているのにできないのは、頭が悪いから、努力不足だからではなく、勉強のやり方が悪いからです。そのために我々がいますから、どんどん質問に来てください。思わぬところにヒントが転がっているものです。

3.課題は解き方を修得するためにやることです。提出することが目的ではなく、その問題ができるようになるためにやっていることです。そのためには徹底的に問題集や模試の解説を読むことも大事なことです。棋士が過去の棋譜を読むのが好例です。様々な勝利へのパターンを知っているから相手に勝てます。知っているパターンが使える場合はたいていの問題が解けます。

4.受験勉強は本気で志望校を決めた日に始めることができます。徹底的に進路研究を行って下さい。志望校が決まれば、必要な受験科目と合格するための最低点、二次試験の問題の傾向・レベルが分かります。そこではじめて、一年間のスケジュールを決めることができます。四月の新担任との面談で、志望校と志望理由、今やっていること、が語れる準備をしておこう。

5.3年生の1年間は、問題を解くスピードが1.5倍、勉強時間が1.5倍になるので、今までの2日分を1日でやることができるようになっています。あなた次第で志望校合格にまで到達することは十分可能です。ただし、睡眠不足は受験の大敵です。12時ぐらいには寝て、5~6時間睡眠は確保しよう。

 

入学式の日から言い続けてきたその日までの逆算をしてみると、卒業まで342日、国公立大学の前期試験まで337日、共通テストまで297日です。

この春休み期間に徹底的に復習・予習に励んだものとして、4月からリスタートします。怠けることは論外ですよ。いい顔で始業日に逢いましょう。

「闘志と思いやり」 2学年主任 堤大輔

 

 

〇 68回生の皆さん へ

先日、「今度の週末は何をする?」と教官室の先生たちの間でこんな会話が始まった。

日ごろは部活動で忙しい毎日を送っているはずなのに、「キツくて休みが欲しい」と思った時もあるはずなのに、いざこんな日々が長く続くと心に大きな穴が開いたように、目標を見失ったような状態になる。68回生の皆さんも同じような気持ちになっているのではないだろうか。

当初は学校が休校になり、自分の時間ができて、ラッキーだったと感じる人も多かったと思う。しかし、ここまで過去に経験したことのない「休み」が続くと、当たり前の毎日がどれ程ありがたいことか。

こんな時だからこそ、舞高生らしい「自律」・「自立」を発揮して、

目標を見失わず「再開」・「再会」に向けての準備をしていこう。

 

2年部 保健体育科 池田 剛

 

〇 69回生のみなさん、こんにちは。元気に過ごしていますか。

本来であれば今日から春休みでした。たくさん出題されているであろう課題は着々と進んでいるでしょうか。取り組むときは、自分のためであることを忘れず集中して行いましょう。

ところで、最近は暗い話題ばかりですが、昨日のニュースに「南アフリカの洞窟から、17万年前の焼き芋の化石が見つかった」というものがありました。植物が調理された証拠としては最古のものらしいです。また、調理の形跡から、家族や仲間に分配していたらしいです。さつまいもの旬は少し過ぎてしまいましたが、焼き芋を食べたくなるニュースですね。春休み明けに別人みたくならないためにも、気分転換に運動をしてみてはいかがでしょうか。

 

1年部 理科(生物) 西尾