全日
普通科
|
理数科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 【 臨時休校中の連絡⑬(3/16)】 各学年部より68回生、69回生へ

学校からのお知らせ

【 臨時休校中の連絡⑬(3/16)】 各学年部より68回生、69回生へ
2020年03月16日

〇 68回生のみなさん、元気にしていますか?国語科の安東です。

私は、毎年この時期になると、今こうして生活していられることのありがたみを改めて感じます。3月11日の東日本大震災発生から9年。今でも、あの時テレビで見た映像が忘れられません。

みんなと同じように、大きな夢や希望を抱いて学校生活を送っていた多くの学生の命が奪われました。勉強したくてもできない学生がたくさんいました。そんな中でも、諦めずに未来に向かって歩んできた学生がたくさんいます。そこには、ひとり一人の強い意志と、周りにいる人々の多くの支えがあったからだと思います。みなさんもそうです。普通に暮らせるように、家族が頑張ってくれています。友だちが、先生が見えないフォローをたくさんしてくれています。

 今、普通に学校生活を送れないことに不安を抱いているでしょう。しかし、このような時だからこそ、しっかりと自分自身を見つめ直してほしい。自分は将来どうなっていきたいのか。そのためには、何が必要なのか。今、何をしなければならないのか。そうやって、今を乗り越えましょう。

 みんな笑顔に会える日を楽しみにしています。

                            2年部 国語科 安東

 

〇 68回生へ    

 

2年部 理科(物理)門脇先生から心理クイズの紹介があります。

0316 門脇先生からの心理クイズ.pdf

 

 

〇 69回生のみなさんへ

学生時代、フランス語の授業の予習をしていたときに、次の一文が目に留まりました。

 

Ce n’est pas tous les jours dimanche.(毎日が日曜日とはかぎらない。)

 

この言葉を皆さんはどのように解釈しますか?

(また、この文を漢文で表すとしたら、「常不日曜日。」「不常日曜日。」のどちらでしょう?)

今、皆さんが過ごしている日々は、「日曜日」だけではありませんね。古典の授業を受けるはずだった日、HRAで進路について考えるはずだった日、サタセミのあるはずだった日…。この休校期間には、多くの月曜日から土曜日が含まれています。

もちろん、「日曜日」も必要ですが、二度と戻らない高校1年生の3月を、大切に過ごして下さい。

ちなみに、仏和辞典では(毎日が日曜日とは限らない。人生には辛いこともある。)と続きます。

1年部 国語科 成田