全日
普通科
|
理数科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度 さくらサイエンスプラン

学校からのお知らせ

令和元年度 さくらサイエンスプラン
2019年11月07日

11月6日(水)、JST(科学技術振興機構)の

「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」により、タイの高校生13名が本校を訪れました。

「さくらサイエンスプラン」は、未来を担うアジアと日本の青少年が、科学技術の分野で交流を深めることを目指しています。

そしてアジアの青少年の、日本の最先端科学技術への関心を高め、

日本の大学・研究機関や企業が必要とする優秀な人材の育成に貢献することを目的としています。

大分では大分大学医学部が受け入れ機関となって、青少年の交流を推進しています。

この日は、視聴覚室で歓迎式が行われた後、本校の生徒・タイの生徒それぞれが研究発表を行いました。

その後、2-8教室で理数科生徒とタイの生徒が数学の授業を一緒に受けました。

昼休みには本校生とタイの高校生が一緒に昼食をとりながら交流を深めました。

昼食後はタイの高校生が舞高生とともに日本式の校内清掃を体験。

学校を生徒たちが自ら掃除するというのは外国では珍しいようです。

午後は2年8組の生徒とともに書道を体験しました。

6・7時間目は再び理数科の課題研究の授業に参加し、舞高生と一緒に研究に取り組みました。

送別行事では記念品として舞鶴魂の扇子をプレゼントしました。

今年度のさくらサイエンスプランも和やかな雰囲気の中で交流が深まりました。

 

                数学の授業を理数科の生徒とタイの高校生の合同で実施

 

                    理数科の課題研究の授業に参加