舞鶴魂「しまれ、がんばれ、ねばれ、おしきれ」

全日
普通科
|
理数科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 理数科2年生(68回生)課題研究中間発表会

学校からのお知らせ

理数科2年生(68回生)課題研究中間発表会
2019年07月17日

7月17日(水)6・7時間目、本校生物教室と物理教室で、

68回生理数科2年生の課題研究中間発表会が行われました。

2年8組理数科生が8班に分かれ研究の進捗状況を発表しました。

8つの班の研究テーマは以下の通りです。

「ゼブラフィッシュにおける恐怖条件付け学習」

「小胞体ストレス応答について」

「微重力と過重力と植物の成長」

「高崎山ニホンザルの利き手に関する研究Ⅱ」

「ミルククランの構造解明」

「コアンダ効果について」

「濃淡電池の研究」

「ムペンバ効果の検証と要因」

発表後には理数科3年生から多くの質問やアドバイスがありました。

今後は12月21日の2年理数科課題研究発表会に向けて研究を続けます。

理数科2年生の皆さん、さらに研究を深めていきましょう!!