全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 第9回卒業式が行われました

学校からのお知らせ

第9回卒業式が行われました
2018年03月16日

 平成30年3月16日(金)に、大分豊府中学校第9回卒業式が行われました。
 式の最後に、卒業生が「卒業の歌」を披露してくれました。とても感動しました。
 式後のHRでは、涙と笑いの時間を過ごし、中学校生活の別れを惜しんでいました。

卒業式1 卒業式2 卒業式3
卒業証書授与 曽根﨑校長式辞 三浦PTA会長祝辞
卒業式4 卒業式5 卒業式6
在校生代表送辞(2年片山さん) 卒業生代表答辞(3年林さん) 卒業の歌 披露
卒業式7 卒業式8 卒業式9
1組ホームルーム 2組ホームルーム 3組ホームルーム

 

式 辞

 大分川の水面に春の陽がきらめき、校庭の桜の蕾が大きく膨らむ、新たな命の息吹が感じられる季節となりました。
本日ここにPTA会長 三浦恭子様、同窓会会長 姫野陽介様をはじめ、多くのご来賓並びに保護者の皆様方のご臨席を
賜り、大分県立大分豊府中学校第9回卒業式を挙行できますことは、卒業生はもとより本校にとって、この上ない慶び
であり、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
   ただ今、卒業証書を授与いたしました9期生の皆さん、卒業おめでとうございます。皆さんが豊府中学校に入学して
早くも3年の歳月がたち、義務教育の課程を修了しました。先日の躍志会で見た3年前の皆さんの肖像が、今と比べて
随分幼く感じたことは、皆さんが逞しく成長した証であり、皆さんを頼もしくまた誇らしく思います。この喜びは皆さんの
努力の結果であることはもちろんですが、皆さんのことをいつも暖かく見守り支えてくださったご家族や周囲の方々への
感謝の気持ちを、決して忘れないでください。
   さて、9期生の皆さんは「感動!挑戦!仲間と共に、仲間を糧に、仲間を信じて」という学年スローガンのもと、中学校
生活を送ってきました。「一人ではできないことも、仲間がいればできるという経験を積むことによって、120人全員でお
互いに手と手をたずさえながら大きく成長して欲しい」という願いが込められています。皆さんは日頃の勉強や部活動は
もちろん、豊饒祭、職場体験学習など、様々な活動に一生懸命に取り組みました。特に、3年生の時のアイリスのクラス
劇では、自分たちで脚本を書き、練習計画を立て、演出も自分たちで行い、クラス全員の「熱い想い」を込めて創り上げ
ました。「生きる」という難しいテーマで、各クラスとも渾身の演技で自分たちのメッセージを伝え、見る人の心を揺さぶり
ました。アイリス本番までには、時には意見が対立してぶつかりあうこともあったでしょう。しかし、何事も皆んなで話し合
いを重ね、一つ一つの問題を乗り越えて、皆さんは精神的にも大きく成長したのではないでしょうか。
  ところで、今、吉野源三郎さんの著書「君たちはどう生きるか」が話題になっています。皆さんの中にはもう読んだ人も
いるでしょう。主人公は中学二年生のコペル君です。この本には、人として持つべき教養や人のあるべき姿など、さまざ
まなことが書かれていますが、中には「いじめ」についての記述があります。コペル君は友達が上級生から「いじめ」を受
けたら、皆んなで立ち向かおうと約束していました。それにもかかわらず、いざという時に他の仲間はわが身を呈して立
ち向かったのに、コペル君は見ているだけで、約束を守ることができませんでした。そんな自分に対して、恥ずかしさや
申し訳なさで、後悔して、立ち直れないほど落ち込みました。そんな時、「後悔するより、正直に自分の気持ちを相手に
伝えなさい」と叔父さんにアドバイスされて、実行しました。80年近く前に書かれた書物にもかかわらず、現代の私たち
にも、コペル君の「想い」や「心」が通じるように思います。
  誰でも、他人と良好な人間関係を築きたい、仲良くしたい、社会のために役立ちたい、と思っています。しかし、行動で
示そうと心に決めていても、いざとなったら勇気が出ず、できない時もあります。友達が困っているのに手を差し伸べら
れなかった、いけないことを「いけない!」と言えなかった、電車やバスの中で席を譲る勇気が出なかったなど、数々の
場面があるでしょう。その時にどんな思いが生まれるでしょうか。   もし、できなかったこと、後悔の気持ちが湧いたら、
「次はやってみよう」と決心して、それを行動に移してみてください。その繰り返しが自分を変え、他人とも良好な関係に
なれるのではないでしょうか。自分がその人の立場だったらどうしただろう、本当の勇気とは何だろう、失敗しても立ち直
るためにはどうすればいいのだろうなど、皆さんが「どう生きるか」を考えることは、とても大切なことだと私は思います。
  大分豊府中学校・高等学校では、「世界標準の学力・世界標準の人間力の育成」を学校教育目標に掲げています。そう
いう経験から生まれた「豊かな人間性」は、まさしく「世界標準の人間力」です。「人間力」が身につけば、おのずと「学力」は
身についてきます。大分豊府で学んでいることに自信と誇りを持ってください。そして、大分豊府高校でより充実した学校
生活を送り、自らの夢を実現することを期待しています。
  保護者の皆様方には、本校の教育活動にご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。これからも職員一丸となって「世
界標準の学力・人間力を育成する学校づくり」に邁進して参ります。今後とも本校へのご支援の程よろしくお願い申し上げ
ます。また、ご来賓の皆様方には、ご多用中にもかかわらずご臨席を賜り、卒業生の門出を祝福していただきましたことに
心から感謝申し上げます。
  結びに、9期生の皆さんがこれからも夢に向かって、さらに前進していかれますことを祈念いたしまして、式辞といたします。

                                                                                    平成30年3月16日                                                                              大分県立大分豊府中学校                                                                                           校 長 曽根﨑靖