全日
普通科
全日
HOME > 校長室 >  4/9入学式の式辞(抜粋)を掲載しました 。(第3号)

校長室

 4/9入学式の式辞(抜粋)を掲載しました 。(第3号)
2013年04月24日

平成25年度大分豊府中学校・高等学校入学式 式辞(抜粋)

 

  入学を許可いたしました中学校第7期生120名、高等学校第28期生279名の新入生のみなさん入学おめでとう。みなさんを心から歓迎します。

  今の感激と希望、そして初心を忘れず、夢の実現に向かって、新たな学校生活の第一歩を力強く踏み出して下さい。

  本校は、「感動・理知・友愛」を校訓として、一人ひとりが高い志を持ち、創造的な知性と豊かな人間性と逞しさを備え、国際社会でリーダーとして活躍できる人材を育成することを教育目標としています。

 この学校で、今日から中学生は6年間、高校生は3年間、師に学び、友と学ぶにあたり、学ぶということの意味について考えてください。

  学ぶということは知識や技術を習得することが目標ではありません。数学の問題を解く、英単語や漢字を覚えることは勉強ではありません。このことで得られる知識や技術はツールであり、それだけでは機能しない、何の役にも立たないものです。これらのツールを使って、正解のない課題にどう対応するか、この力を養うことが勉強であり、学ぶことです。

  そして、この力を使って、自分の人生を豊かにしていくこと、家族や友達と幸せに生きていくこと、そしてよりよい世界を作っていくこと、これが学ぶということ、勉強することの意味です。

  大分豊府中学校・大分豊府高等学校での勉強はきついかもしれません。しかし、皆さんはダイヤモンドの原石です。ダイヤモンドも、掘り出されたばかりの原石にはあのきらめきはありません。自然界でもっとも硬いダイヤモンドはダイヤモンドで磨かれてはじめてあのきらめきを放つのです。この学校で、先生や友達、先輩としっかりと知恵と心を磨きあって、きらめく人になってください。

 私たち教職員は、みなさんの夢の実現をしっかりと支援し、全てのみなさんに熱意と愛情を持って全力で向かい合います。

 

大分県立大分豊府中学・大分豊府高校 校長  有定裕雅