全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 1学期終業日の諸行事を行いました。

学校からのお知らせ

1学期終業日の諸行事を行いました。
2022年07月20日

7月20日(水)1学期終業日を迎えました。

大掃除の後、全校生徒が体育館に集い、まず、上位大会等の激励壮行会が行われました。

令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ:四国大会)に出場するのは、フェンシング部カヌー部陸上競技 、

令和4年度全国高等学校総合文化祭(開催地:東京)に出場するのは、美術部吹奏楽部放送部新聞部文芸部 です。

 *放送部はNHK全国高校放送コンテスト、フェンシング部、カヌー部は第42回九州ブロック国体にも出場します。

各部代表の決意表明の後、辛島校長より「『悲観的に準備して、楽観的に臨む』という言葉があります。今まで支えてくれた人のことを思い、残された時間でよい準備をしてください。」と激励を受け、生徒会副会長より「慣れない土地でも、今まで培った力を存分に発揮してください。全校生徒が応援しています。」と応援の言葉が贈られました。

    

続いて、同窓会から生徒へ帽子の贈呈がありました。同窓会のみなさんが生徒の熱中症対策のために、HoFuのロゴの入ったスクールカラーのキャップを作ってくださいました。同窓会長より生徒会長へ目録が贈呈され、生徒会長が「体育の授業や学校行事で大切に使います。ありがとうございました。」とお礼のことばを述べました。

      

1学期終業式の式辞では、辛島校長より、茨木のり子さんの「自分の感受性ぐらい」の詩が紹介されました。

辛島校長は「夏休みは進路目標を考えることを通して、自分の将来をつかむチャンスです。自分は将来何になるのかを考えることで、大人になっていく。思い悩んで、イライラすることもあるかもしれない。だからこそ、自分の感受性くらい自分で守りましょう、というメッセージを伝えたくて、この詩を紹介しました。世の中にはたくさんのクエスチョンがあります。それらのことを考えることが自分の将来につながります。最後に、詩を文字って、『自分の夢くらい、自分のモチベーションくらい、自分で守れ』」と生徒に語りました。