全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > バレーボール競技(県総体)が行われました

学校からのお知らせ

バレーボール競技(県総体)が行われました
2020年07月27日

 7月24日(金)から26日(日)まで、「第68回大分県高等学校総合体育大会バレーボール競技」が昭和電工武道スポーツセンターで実施されました。

 初日の24日に登場した本校の女子バレーボールチームは、グループE(日本文理大附・大分鶴崎・安心院)でリーグ戦を戦いました。初戦の対日本文理大附戦は、中盤まで粘って一進一退の攻防を繰り広げましたが、後半は力及ばすセットカウント0-2(18-25、19-25)で敗れました。続く第2戦は対大分鶴崎戦。両チームとも2試合目となり体の動きもよくなりポイント奪い合いました。結局終盤を押し切った本校が2-0(25-18、25-22)で勝利しました。スタンドに詰めかけた保護者は揃いのT-シャツを着て、最後まで熱い声援を送っていました。

対 日本文理大附戦 果敢にアタック

狙いすまして(対 大分鶴崎戦)

 26日の男子バレーボールチームは、グループD(竹田・臼杵・日田)でリーグ戦を戦いました。初戦の対竹田戦は、中盤まで互いに譲らずぽサイドアウトを繰り返す展開でしたが、後半はミスが響いてセットカウント0-2(16-25、20-25)で敗れました。続く第2戦は対臼杵戦。いつもの攻撃パターンがよく決まり、相手のミスを誘引しポイントを重ねました。結局エースの活躍もあり、終盤までリードされることなく本校が2-0(25-15、25-12)で勝利しました。スタンドには前3列を埋め尽くした保護者が声援を送り続け、選手とともに勝利を味わいました。

対 竹田戦 ブロックの上からアタック ブロックを振り切って(対 臼杵戦)