全日
普通科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 第35回入学式を行いました

学校からのお知らせ

第35回入学式を行いました
2020年04月09日

 校庭内の桜が咲き誇る中、「大分県立大分豊府高等学校 第35回入学式」を執り行いました。新型コロナウイルス感染症対策のため、今年は高校(9:30~9:50)と中学校(10:00~10:20)は時間をずらし、式場となった各体育館への入場は各家庭一人に限らせていただきました。朝から真新しい制服に身を包み、あこがれの学校に入学した喜びに溢れた生徒や保護者の姿がいたるところで見受けられました。

 式次第ならびに式辞は、以下のとおりです。

1 開式のことば
2 国歌斉唱(演奏のみ)
3 入学許可
4 校長式辞
5 祝電披露
6 新入生代表誓いのことば
7 閉式のことば

式辞
 校庭の樹木も新しい芽をふき、春爛漫の今日の佳き日に、新入生の保護者の皆様方のご臨席を賜り、大分県立大分豊府高等学校第三十五回入学式を、このように挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びであり、心から感謝申し上げます。

 ただ今、入学を許可しました、二百四十一名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。大分豊府を代表しまして、皆さんの入学を心から祝福し、歓迎いたします。皆さんは、大分豊府で学ぶことを自ら選択し、新たな高校生活に向けて、希望に胸を膨らませていることと思います。その新鮮な気持ちをいつまでも忘れることなく、充実した学校生活を送っていただけるものと期待しています。また、これまで、深い愛情を注ぎ、お子様を育んでこられた保護者の皆様にも、本日のご入学を、心からお祝い申し上げます。

 本校は、昭和六十一年に、大分県立大分豊府高等学校として誕生し、平成十九年に、併設型中高一貫教育校の、大分県立大分豊府中学校・高等学校として新たな出発をしております。つまり、今日入学を許可した皆さんは、伝統を受け継ぎながら、新たな学校創りをするという重責を担うことになります。校訓は、「感動理知友愛」で、創造的な知性と豊かな人間性、逞しさを備え、高い志を持って、国際社会でリーダーとして活躍できる人材の育成を目指しております。生徒一人ひとりの努力と、教職員と一体となったチームワーク、そして、保護者の皆様のご協力により、今、大分豊府は、着実に前進しております。

 現在は、グローバル化、情報化が急速に進展し、激しい変化と競争の時代です。我が国でも、世界に類を見ない速さで、少子高齢化が進行し、生産年齢人口が減少するなど、課題が山積しています。昨年、「平成」が終わりを告げ、新しい、「令和」という時代が訪れました。この「令和」という元号には、日本や世界の文化を大事にしながら、平和で希望溢れる時代になるという願いが込められていると言われています。皆さんは、このような二十一世紀を主権者として、歩んでいくことになります。そこで、まず、皆さんが高校生活を始めるに当たり、校長として確認しておくことがあります。それは、高校は義務教育ではないということです。授業に積極的に参加し、部活動や生徒会活動、ボランティア活動に、より一層取り組み、真剣に学校生活に邁進することが、これまで以上に求められます。高校生としての自覚を持って、責任ある行動をとることにより、大人への階段を上って行きましょう。

 高校時代は、「自分さがしの旅」と言われます。今の自分に満足せず、変化を求め、苦しい時は、自分を成長させるチャンスと考え、新しいことに挑戦し、是非とも、やり遂げることで、人生を自らの力で切り拓いていくことのできる、堂々たる人格を形成してもらいたいと、心から念願しています。

 皆さんが高校生活を送る上で、私は校長として、勉強・部活動・生徒会活動など、皆さんが積極的に活動する場面を提供します。高校生活の主役は、皆さん一人ひとりです、多くの友人と切磋琢磨し、多くの汗と感動の涙を流し、保護者・地域の方々への感謝の気持ちを忘れず、今日の入学式の感動を持ち続けて、「大分豊府に入学して良かった」と言えるような、高校生活を送っていただきたいと思います。

 私の目の前にいる皆さんは、今、いい緊張感に包まれています。一瞬一瞬を大切にして下さい。そして、前へ、前へと、進んでほしいと思います。目標がどんなに遠くても、たとえどんなにゆっくりとした歩みであっても、立ち止まることがなければ、前へ進むものです。

 ここで、保護者の皆様にお願いいたします。本日からお子様をお預かりすることになりました。教職員一同、全力で、お子様の教育に邁進する所存でございます。今年度は、重点目標として、「世界標準の学力向上」、「世界標準の人間力向上」を掲げております。本校の教育方針に対しまして、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
   結びに、新入生の皆さんの高校生活が、輝きに満ちた日々となることを祈念しまして、式辞といたします。


 令和二年四月九日
                                大分県立大分豊府中学校・高等学校
                                        校長  野 尻  明 敬