全日
普通科
|
園芸ビジネス科
|
園芸デザイン科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 笑顔の光 東から(1月の学校風景)

学校からのお知らせ

笑顔の光 東から(1月の学校風景)
2017年01月16日

 屋山の高台から日豊海岸を臨む大分東高校も、1月を迎えました。ここ数日で厳しい寒さが到来しましたが、雪は例年より少ないようです。3学期は短い学期ですが、1年間の仕上げやまとめをする大切な学期でもあります。自己目標の達成に向けて努力しましょう。それでは、睦月の学校風景や行事の紹介をします。

校門前の門松 書き損じハガキ回収ボックス 巣立ち講座 1 巣立ち講座 2
正門前に飾られた門松 書きそんじはがき回収運動 巣立ち講座 講師の説明 巣立ち講座 新聞を活用

 昨年度、農業科生徒たちが製作した門松が校舎正門横に飾られました。現時点では片付けていますが、始業式には全校生徒が新年を実感することができる立派な製作がなされていました。生徒会室前の廊下には、生徒会とボランティア部がユネスコ世界寺小屋運動の一環として書きそんじはがき回収箱を設置しています。

 3学年の巣立ち講座では、大分合同新聞社編集局 首藤誠一氏 をお招きして「新聞から社会を知ろう」をテーマに講話をしていただきました。講話では、多くの生徒に発問を投げかけながら、持参された新聞を生徒に配布され、それを実際に活用しながら、記事の書き方、見出しの意味等について説明していただきました。新聞は結論から書いていることも改めて学ぶことができました。

 3学期は、全校生徒が参加する強歩大会や人権学習、農業科の課題研究発表会等もありますので、また、その様子も掲載したいと思いますので、ご覧ください。