全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > コース・学科 > 商業科からお知らせ~検定取得者特報~

コース・学科

商業科からお知らせ~検定取得者特報~
2018年12月06日

 第10回 全商会計実務検定1級合格(財務会計検定&財務諸表分析検定)

 秋好 蒼空(そら) さん (メディア科学(商業)科 簿記コース3年生)

& 全商簿記3種目以上1級(3冠王)も早々と達成!

 

10月28日(日)に本校で行われた全国商業高等学校協会主催、今年で10年目を迎えた同協会主催の最難関資格と言われる標記検定に見事、秋好さんが合格しました!

 秋好さんは、6月の日商簿記2級合格に次ぐ、全商最難関資格も取得したことになり、併せて卒業時に、毎年全国表彰される「全商3冠王」も、早々と達成しました。

 

他の生徒も「財務諸表分析」検定は楽々合格でしたが、今回、特に難易度が高かった「財務会計」があと1歩及ばす、総合1級には届きませんでした。全員が「もう1回受けさせてー!」と言っておりますが、「勝負は年1回。卒業しても自己研鑽に励んでね!」と授業担当者からの優しい言葉です。

 全員が、簿記コースの通常授業で受験した生徒で、写真はメディア科学科「簿記好き選抜4名」。春から、県内の地方銀行、大手建設会社事務、日本を代表する大企業事務、有名短大等、それぞれが希望進路先へ進む予定。

 本校メディア科学科(1学級)の他生徒も、おかげさまで就職試験第1希望全員合格を10月初旬に達成し、100%の内定をいただくことができました。

 上記生徒たちの次なる挑戦は、すでに始まっております!

「夢現力 頑張れ! 三重総合生!!!」

 

【全商 財務会計検定】とは

会計の国際化を背景に、日本においても、会計基準の制定・改正が進められている社会の要請に応える実践的な会計スキルを身に付けることが求められている中、「連結会計」「キャッシュ・フロー会計」などの知識を習得し、社会で活躍できる会計人育成を目指す検定。

【全商 財務諸表分析検定】とは

各企業が公表する財務諸表から、自分の力で企業の状況や収益性と安全性等を判断できる能力が身に付く実践力に重きを置く検定。*出題例:流動負債営業キャッシュ・フロー比率・株主資本当期純利益率(ROE)の計算 等

 

 ※会計実務検定1級は、上記2種目、プラス「管理会計」の3つの中から、2種目合格しなければならない全商主催検定1級9種目中の最難関資格と言われています。