全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > コース・学科 > 地域の高校活性支援事業「安心院農村民泊」実施

コース・学科

地域の高校活性支援事業「安心院農村民泊」実施
2016年12月22日

大分県教育委員会「地域の高校活性支援事業」の指定を受け、2年3組39名が、安心院の各農村家庭で民泊を行い、様々な農業体験をしてきました。

この研修は、自主的・実践的・探求的な活動により農業の知識や技能の定着・深化を図ることや、異世代の民泊家庭の人々と寝食をともにすることで、自分の考えや思いを表現し、コミュニケーション能力を向上させることを目的に、今回初めて実施したものです。

1日目は、キャベツの定植やブドウの剪定、ポニーのお世話といった農業体験にとどまらず、郷土料理や竹細工造り、そば打ちなども体験。

また、受入先の中には50年前に三重農業高校を卒業された大先輩もおられ、自宅に記念樹も植えさせていただきました!

アットホームな雰囲気の中で様々な体験や交流ができ、生徒の表情も活き活きとしていました。お別れの場面では涙ぐむ方もおられました。

2日目は「松本イモリ谷」での研修。「何もないけど、何でもある」「足を引っ張らず、手を引っ張ろう」を合い言葉に始めた「グリーンツーリズム」についての講義をしていただきました。

一過性の行事で終わらせず、本研修で学んだことを来学期には各班ごとにプレゼン形式で発表し、表現力の向上に努めます。