全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > 学校案内 > 「三重総合高校の明日を拓く会」について

学校案内

「三重総合高校の明日を拓く会」について
2016年08月09日

平成27年5月より、地元豊後大野市の各界各層の方々約30名を委員として、

「三重総合高校の明日を拓く会」(会長・橋本祐輔 豊後大野市長)という支援組織が発足しました。

 

これは、「豊後大野市唯一の高等学校」である本校をより活性化するために、

特に経済的な側面から市を挙げて地域ぐるみで支えてくださろうという大変有り難い組織です。

本校はすでに開校以来10年を過ぎましたが、近年は入試受験者数が減少傾向にあり、

当初4学科6クラスで出発した学年規模が、3学科4クラスにまで縮小しています。

 

地元三重総合高校の魅力にひかれて本校を受験する中学生を増やすことを最大の目標とし、

初年度はまず喫緊の課題とされる「生徒の進学率向上」を図るための対策事業

(夏休みの勉強合宿、外部講師招聘事業)に補助金を出していただきました。

 

2年目の28年度は、市から年間300万円の補助金を拠出していただくことが決定しており、

ご家庭の経済的負担を大幅に減らすことで、前年度に増して全学科にわたる多様な事業

積極的に企画・実施することができています。

  

豊後大野市の皆様の厚いこころざしに深く感謝しつつ、

皆様の期待に十二分にお応えできるよう、職員・生徒・保護者一丸となって尽力する決意です。

【追記】

平成28年度については、大分県教育委員会からも「地域高校活性化支援事業」の指定校に選ばれ、

年間150万円の予算をいただいています。