全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > 校長室 > 校長室からのメッセージ(平成29年3月)

校長室

校長室からのメッセージ(平成29年3月)
2017年03月13日

3月1日(卒業式)

 卒業式において次のように生徒に話をしました。生徒一人ひとりに卒業証書を渡しましたが、走馬燈のように思い出が浮かびました。これから、進学、就職と進む道は違いますが、健康に留意して頑張ってもらいたいと思います。

 

 寒い冬の季節から、ようやく春の訪れを感じる今日この頃です。時代が移り、社会がどんなに変わっても自然の営みは例年と変わらず同じように時節は巡ってまいります。今年もまた、希望と輝きに満ちた春が巡ってまいりました。

 この佳き日、多数のご来賓並びに保護者の皆様方のご臨席をいただき、三重総合高等学校第9回卒業式をこのように盛大に挙行できますことを衷心より厚く御礼申し上げます。

 保護者の皆様には、長い間、本校の教育方針にご理解をいただき、ご協力を賜りましたことに心から敬意を表します。そして、本日ここにめでたく卒業の日を迎えられました。お子様のご卒業本当におめでとうございます。

 さて卒業生の皆さん、これから皆さんはより広い世界へ飛び立ちます。そこでは、戸惑いや悩みに出会うことがあるかもしれません。しかし、高等学校3年間で得た様々な体験や行動により、それらを乗り越える力が備わっていることを忘れず、前に向かって進んで下さい。皆さんの旅立ちに際し、その心構えについて、少し話しをしたいと思います。

 現在の社会は、極めて流動的で、今までの学校生活と違いはるかに厳しい世界です。今までは少々の失敗も大目にみていただきました。  学校は教育の場です。皆さんの自立のために地域・学校・家庭が一体となって今日まで手助けし保護してまいりました。しかしそのバリアが取り払われ、皆さんは今日から大海原に解き放たれたのです。これから新しい挑戦が始まるのです。

 皆さんの進む道はそれぞれ違いますが、これからは、それぞれに与えられた場で生きるために、自らの力で1つひとつ体験を重ねながら、社会生活の術(すべ)を学んでいかなければなりません。そのためには、まず1日の目標・計画をたて、それを実行する地道な実践力が必要です。

 「明日あると思うな、今日のことは今日実践せよ」という言葉があります。先延ばしをせず、今日のことは今日の内にやり遂げるという心構えが大切です。

 「木を見て、森を見ず」の格言の如く目先のことばかりに気を取られていたのでは、大きなものは見えてきません。大きな森を見て、そして林を見ての計画が必要です。そしてその計画・目標に向けての日々の実践、今日の実践に付加価値を付けて明日に臨みたいものです。

 さて、この2年間、豊後大野市より本校に対して様々な援助をいただきました。三重総合高校の明日を拓く会を組織する中で、勉強合宿、予備校講師による特別講座、外部講師による授業、土曜講座等、今までに無い様々な事業が展開できました。また、県教育委員会の地域の高校活性化支援事業に採択され、大学訪問、農業科先進地宿泊研修、商業科ビジネスチャレンジ、競技力向上講座、専門科地域発信活動等を行いました。その中で本年度の進路状況は進学54%、就職46%となり、国公立大学合格者数は昨年11名、本年度はAO・推薦入試段階で7名が合格しています。就職内定率は100%であり、県内就職率は88%、その内、豊後大野市内で32%の生徒が働くこととなっています。多くの生徒がこれからの豊後大野市、大分県の発展に貢献することとなります。また、豊肥地区内の中学生が大幅に減少する中で、平成29年度入試は全学科で志願者数が募集定員を上回ることとなりました。皆さんの後輩が三重総合高校を目指す姿はこれからの豊後大野市の発展に大きく貢献するものとなると考えます。

 さて、本日の晴れ舞台のために、1年生や2年生、先生方が様々な準備をしてくれました。いずれも、巣立っていく先輩への感謝の気持ちを込めて、次の三重総合を担う後輩達が、取り組んでくれたものです。三重総合高生の絆をこれからも大切にしてください。

 多くの感動をもたらしてくれた皆さんのこれからの健闘を祈っています。三重総合高等学校は皆さんの母校です。そして、3年間過ごした豊後大野市は皆さんの心のふるさとです。皆さんがこれから様々な困難に出逢うことがあっても、ふるさとを忘れず、前に進んで下さい。皆さんの新しい世界での活躍を期待しています。

 本日、ご多忙の中ご臨席いただきましたご来賓の皆さま、本当にありがとうございました。これから卒業生158名は実社会に旅立ちます。厳しい社会ですので、時には困難にくじけることもあるかと思いますが、その際には良き相談相手としてアドバイスをいただきますようお願いします。

 最後に次の言葉を卒業生の皆さんに贈ります。

  「若竹の 伸びや 日の恩 土の恩 後は自分の土で咲け」  皆さん一人一人の将来に、幸多かれと祈念し、式辞とします。                

                                                                  平成29年3月1日

                                            大分県立三重総合高等学校校長                         甲 斐 良 治

3月13日(合格者説明会)

 3月10日に合格発表を行いました。土日は今までの緊張感から解き放たれて幾分かはゆっくりできたのではないかと思います。

 本校に合格された皆さん本当におめでとうございます。これから3年間、自分の将来の選択に向けて、全力で頑張って欲しいと思います。

 合格者説明会は午前中は学力テストを行います。高校での学習に向かう前に、しっかりと自分の学習の姿を見つめ直す時間として欲しいと思います。午後からは保護者の方と一緒に、これから3年間の本校の方針を聞いて欲しいと思います。高校生活は中学校までと違い、自分が選択して入学するものです。これから、先生方、保護者の方々と一緒になって本校での3年間を歩んで欲しいと思います。