全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > 校長室 > 校長室からのメッセージ(平成28年12月)

校長室

校長室からのメッセージ(平成28年12月)
2016年12月22日

12月2日(全校集会)

 第60回日本学生科学賞、大分県高等学校珠算電卓競技大会、大分県高等学校新人剣道競技会、税に関する作文、豊後大野市ことばの森フェスタに関する賞状を多数授与しました。今年は昨年に比べ、体育部のみならず、文化部の活躍が極めて高く、多くの賞を取得しています。賞状を授与した後、ソフトテニス部、放送部、自然科学部の九州大会出場壮行会を行いました。大分県代表として全国大会を目指して頑張って欲しいと思います。

 全校集会では次の話をしました。集会の冒頭、生徒には次の全校集会に向けての課題と改善点を話をし、新しい姿を見せて欲しいとお願いをしました。全校集会で生徒に話した内容は次の通りです。

 本校は学校スローガンに「挨拶、掃除日本一を」掲げています。最近は部活生を中心に挨拶の輪が広がり、来校者からはお褒めの言葉を聞くことが多くなりました。
 今日は皆さんに「あいさつは自分から、を心がけよう」という話をします。
 皆さんは朝の挨拶を自分から先にしたことがありますか。どちらかというと、相手の人が先に挨拶をして、そのお返しに挨拶をしていたのではありませんか。これからは、次の4つの心構えで挨拶をして見て下さい。
 あ-相手の目を見て挨拶をする。
 い-いつも心をこめて挨拶をする。
 さ-先に挨拶をする。
 つ-続けて大きな声で挨拶する。
 挨拶をする気持ちがあっても、実行することはなかなか難しいと思っている生徒もいると思います。しかし、その気持ちを今から払拭してみませんか。挨拶ができるようになれば、まず自分自身が変わっていきます。
 挨拶の一言は次のような効果があります。
 ①その場が明るくなります。
 ②他の人をいい気持ちにさせます。 
  ③瞬時に相手が心を開いてくれます。
  ④存在感がある人になります。
  ⑤自分自身が何かさわやかな気持ちになります。挨拶の意味をしっかり考え、行動してもらいたいと思います。
 次に機会があるごとに皆さんにお願いしている制服の着こなしはいかがですが。ブレザーの前ボタンはしっかり留まっていますか。最近はほとんどの生徒の着こなしに問題がありませんので、その中でスカートが短かったり、前ボタンを留めていない生徒がいるとあまりにも目立ちます。このような状態が正常な学校と言えるのでしょう。制服は学校の顔であり、制服を正しく着こなす皆さんの姿が地域の元気となるのです。昨日の避難訓練の際の制服の着用状態を見せていただきましたが、3年生の一部の女子のスカートが短い。先輩から譲り受けたのでしょうが、絶対に着用は認めません。このような姿を1、2年生が真似てしまった場合はどのように責任を取ってくれますか。再度、反省を求めます。
 これから大学進学を目指す生徒にとってはまだまだゴールは先ですが、今が踏ん張る時です。諦めずに最後の最後まで頑張って下さい。

12月21日(生物環境科(農業系科)・メディア科学科(商業系科)合同課題研究発表会)

 昨年、本校に校長として着任した時から実施したいと考えていた、農業科・商業科合同の課題研究発表会を「エイトピアおおの」の小ホールで実施しました。農業科、商業科とも課題研究の時間を利用して様々な調査・研究を行っていますが、今回は商業科5グループ、農業科3グループが発表しました。会場には豊後大野市役所、県立農業大学校、県下の農業系、商業系の高校の方々、保護者等に参加いただきました。本校としては初めての発表会ですので試行錯誤の状況もあったかもしれませんが、生徒は堂々と自分達の研究について発表を行っていました。会場では生物環境科1・3年生、メディア科学科1・2・3年生の生徒も発表の様子を見守りました。生物環境科2年生は安心院町いもり谷で1泊2日の宿泊研修を行っていましたので不参加でした。

 研究発表の後は「農業科・商業科の生徒が地域活性化のためにできること」をテーマとして株式会社生活工房とうがらし代表取締役の神谷禎恵を講師としてシンポジウムを行いました。今回が初めての試みでしたので参加者は限られていましたが、来年は普通科の生徒も参加させ、学校全体の取り組みにしていきたいと考えています。

 

12月22日(2学期終業式)

 久住校での終業式を終えた後、本校での終業式を13:00より行いました。終業式では生徒に次のように話をしました。

  第2学期終業式挨拶 → 平成28年度第2学期終業式挨拶(PDF:125.1KB)