全日
普通科
|
生物環境科
|
メディア科学科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > ワールドステージ∞「SHOW★MIE」(ショーミー)~第1回アカペラ(楽器のない) 協奏会~グランドチャンピオン大会のご報告・御礼 

学校からのお知らせ

ワールドステージ∞「SHOW★MIE」(ショーミー)~第1回アカペラ(楽器のない) 協奏会~グランドチャンピオン大会のご報告・御礼 
2018年11月21日

「第33回国民文化祭・おおいた2018」・「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」応援事業

ワールドステージ ∞ 「SHOW★MIE」(ショーミー)

~第1回アカペラ(楽器のない) 協奏会~ 

グランドチャンピオン大会 のご報告・御礼

が、雨上がりの澄み切った秋空の下、11月17日(土)10:30~盛大に開催されました。

 記念すべきグランドチャンピオン大会の審査委員長には、中野校長先生に登場いただき、厳正に審査いただきました。専属MC「YAMATO」もいつもに増してキレキレでした。

 

【第1回 グランドチャンピオン大会報告】

トップバッターは、審査員特別推薦での出場となった、地元の有名小学校「百枝(ももえだ)小学校」の「スマイル・フレンド」二人。ピュアな歌声は、まさに響心。

2番目は7月チャンピオン源ちゃんの「南部蝉しぐれ」。いぶし銀の染みいる歌声で観客もただただ聞き入るばかり。

3番目は10月チャンピオン本校生唯一のJK藤山。歌をMs.OOJA「最後の雨」に変えての優勝狙い。せつなすぎ!

4番目は、9月チャンピオンの麻生英征さん。正々堂々、真っ向勝負の三波春夫「俵星玄蕃」は圧巻の大迫力!

最後は、8月チャンピオンYuiちゃん。歌を変えて、MONGOL800「小さな恋のうた」に挑戦!透明感のある伸びる歌声で猛アピール! の大熱戦!!!

 

大接戦の歴代チャンピオンのガチバトルを制したのは、9月大会チャンピオンの麻生英征さん(豊後大野市)でした。威風堂々「俵星玄蕃」(あの三波春夫さんが『紅白歌合戦』でこだわり大トリでも披露した名曲)は、まさに「忠臣蔵」のワンシーンを再現。会場を巻き込み、まるで、元禄時代に戻ったかのパフォーマンスと歌声でした。

SHOW★MIE初代チャンピオン、本当におめでとうございました。

フィナーレは、出場者&社員全員でスキマスイッチ「奏で」を大合唱♪ 間奏でのCEOとMC「YAMOTO」の最後のご挨拶と御礼の言葉も心に響くものでした。 

5ヶ月間にわたり、私たちの新商品「ワールドステージ ∞ SHOW★MIE」は、私たちの想像を遙かに超えて、成長することができました。

遠くは別府市から市民や協賛・後援事業所の方が歌い、生徒、社員が歌い、職員が歌ってくれました。更に、PTA、OBが歌い、学校評議員や学校外部サポーター、市役所代表の方も歌ってくれました。年齢も3歳の保育園児から上は80代の方まで、自慢の歌をご披露いただきました。

 

資本が全くなかった私たちの夢現ビジネスプランに、地域事業所の方々も快く協賛・後援いたただき、最後まで、温かいご支援をいただきました。昨年度の本校先輩の「地域貢献」を引継ぎ、本年度「集客」がテーマでした。「平成」最後、国民文化祭が大分で開催されるという記念すべき年に、「西洋音楽発祥の地」大分に誕生させた「SHOW★MIE(ショー・ミー)」。大谷翔平君がメジャーリーグで、「翔タイム」という言葉を得なければ、このネーミングもありませんでした。 

 第1回大会は、観客2人からのスタート。

私たちのビジネスプランに何が欠けているのかをいただいたアンケートを模索しながら、学びと実践力を深めてきました。

 最後の大会は32席の満員御礼、立ち見の方も含め100名を超え、当初目標300%を超える集客を達成できました。これも、多彩な出演者の方はもとより、一重に地域の方々はじめ、関係各位の皆様、関係諸団体の皆様の深いご理解とご支援の賜物です。

この場をお借り致しまして、心より御礼申し上げます。

当社CEOはじめ、社員一同もやってきて本当に良かったと興奮気味に申しておりました。

 

 ☆グランドチャンピオン大会の様子は、後日、豊後大野市ケーブルテレビにて放送予定。

どうぞお楽しみ下さい。