全日
音楽科
|
美術科
全日
HOME > 校長室 > 令和2年度2学期始業式 式辞

校長室

令和2年度2学期始業式 式辞
2020年08月18日

                    令和2年度2学期始業式 式辞

 おはようございます。短い夏休みでしたが、皆さんはどう過ごしましたか。1学期の疲れを取って、英気を養うことはできたでしょうか。 

 さて、今日から長い2学期が始まります。授業が再開されますし、いろいろな行事も予定されています。3年生はいよいよ総合型選抜を皮切りに、学校推薦型選抜、一般選抜と大学入試が始まります。このような2学期を過ごすうえで最も大切なことは、しっかりと自分の目標を認識することです。

  志望大学に合格する、成績でクラスの10番内に入る、実技試験のスコアを10点上げる、本を10冊読破する、皆勤を通す、など何でもよいので、具体的に自分の目標を立て、その実現に向かって具体的に行動を起こすことです。それが、主体的な学び、主体的な学校生活につながっていきます。

  1学期、皆さんの授業を見て、一つだけ問題点を見つけました。それは、授業中に自分の考えを進んで発表する人がほとんどいないことです。また、指名されて発表する声が聞き取れないくらい小さなことです。それは、自分の考えていることに自信が持てていないように見受けられました。これでは、音楽や美術の表現者として力がついているとは言えません。正解か、間違いかは問題ではありません。自分の意見を堂々と人前で表現でき、その意見をもとにみんなでさらに考えることができるかが皆さんにとっては最も大切なことなのです。そのことをもっと自覚してください。きちんと自分の考えを他者に伝える力を付けること、これが、私が皆さんに課す2学期の課題です。

  大分では連日コロナ感染者が報告されています。異常な暑さで熱中症にも注意しなければなりません。「自分の命は自分で守る」、これが災厄・災害から身を守る鉄則です。私たちも最大限の配慮をしますが、皆さんも新しい生活様式をしっかりと実践してください。

  2学期も皆さんの努力と成果に期待しています。

                                          令和2年8月18日(火) 放送室より