全日
音楽科
|
美術科
全日
HOME > 校長室 > 一秒の言葉

校長室

一秒の言葉
2016年04月22日

『一秒の言葉』 

「はじめまして」

 この1秒ほどの短い言葉に、一生のときめきを感じることがある。

「ありがとう」

 この1秒ほどの短い言葉に、人のやさしさを知ることがある。

「がんばって」

 この1秒ほどの短い言葉に、勇氣がよみがえってくることがある。

「おめでとう」

 この1秒ほどの短い言葉に、幸せにあふれることがある。

「ごめんなさい」

 この1秒ほどの短い言葉に、人の弱さを見ることがある。

「さようなら」

 この1秒ほどの短い言葉が、一生の別れになるときがある。

  1秒に喜び、一秒に泣く。

  一所懸命、1秒。

                              小泉 吉宏

 

始業式の時に、皆さんに紹介した詩を載せます。

この詩は、広告マンとして働き、現在は漫画家として活躍している小泉吉宏さんが作られた詩です。1984年に時計のラジオのCMとして制作され、85年にテレビCMになりました。

たった1秒の言葉で、人は元気や勇気をもらい、また反対に、悲しみにうちひしがれ、絶望に陥ることがあります。人と人をつなぐのは言葉です。言葉を伝える大切さを感じてください。

校長 近藤宣彦