全日
音楽科
|
美術科
全日
HOME > 本校を志願する皆さんへ > 令和4年度 推薦入学者選抜適性検査等実施要項 のお知らせ

本校を志願する皆さんへ

令和4年度 推薦入学者選抜適性検査等実施要項 のお知らせ
2021年12月01日

令和4年度 大分県立芸術緑丘高等学校 推薦入学者選抜適性検査等実施要項

1 目   的
  大分県立芸術緑丘高等学校志願者について、音楽科、美術科の教育を受けるに足る資質と能力を判定する。

2 出願手続
  令和4年度大分県立高等学校入学者選抜実施要項による。
  なお、志望調査票(音楽科のみ)は、いずれかの方法で入手すること。
(1) 同校事務室で直接受け取る。
(2) 同校ホームページからダウンロードする。

             PDF版   R4音楽科志望調査票(表裏印刷)推薦入試A.pdf       

             エクセル版 R4音楽科志望調査票(表裏印刷)推薦入試A.xlsx  
(3) 郵送を希望する場合は、志願者の住所及び氏名を明記した返信用の封筒に84円切手を貼って同校に請求する。
   
3 面接、小論文及び適性検査の日程

      
4 小論文の内容
   600字、50分間 (音楽科・美術科共通)

5 適性検査の内容
(1) 音 楽 科
  専  攻    
     ○ 声楽  ○ ピアノ ○ 弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス)
     ○ 木管楽器(フルート・クラリネット・オーボエ・ファゴット・サキソフォーン)
     ○ 金管楽器(ホルン・トランペット・トロンボーン・ユーフォニアム・テューバ)
     ○ 打楽器 ○ 作曲  ○ 音楽総合

専攻別実技課題(楽譜を見て演奏してよい)
(ア)  声楽専攻
     ① コンコーネ50番よりNo.3(ハ長調)を母音で歌う。
     ② 次の四曲より任意の一曲を選び、歌う。

                

          (注)指定以外の調で歌う場合は、出願の際に移調楽譜を提出する。(氏名を明記)

(イ) ピアノ専攻
      ① 次表の中から任意の一曲を選び、ペダル・繰り返しなしで演奏する。

                
   
             ② 任意のソナタより、1楽章(緩徐楽章は除く)または同程度の任意の一曲を、繰り返しなしで演奏する。

(ウ) 弦・管・打楽器専攻
          任意の一曲を演奏する。

(エ) 作曲専攻
              ① ピアノ実技 ツェルニー100番練習曲の13番、47番、65番より、一曲を選び、繰り返しなしで演奏する。
              ② 作曲課題 与えられた2小節の動機を用いて、16小節の単旋律を作曲する。制限時間50分。

(オ) 音楽総合専攻
              以下の①、②の両方を課す。②はa・bのどちらかを選択させる。
     ① 音楽理論に関する問題
                  『中学生の音楽1』(教育芸術社)所収の「音楽の約束」又は、『音楽のおくりもの1』(教育出版)所収の「楽典」
     ② プレゼンテーション問題
                    a 「音楽の楽しさを子どもに伝えるコンサートを企画し、プレゼンテーションを行ってください。」(実技を含まない)
                    b 「将来、音楽を通してどのように社会に貢献するか考え、プレゼンテーションを行ってください。」(実技※を含む)
                  ※実技とは、部活動や授業で扱った曲の演奏をはじめ、ミュージカル、バレエ、ギター、リコーダー、民謡、ドラムなど、様々な形態の演奏・演技を指す。 

(2) 美 術 科

(ア) 適性検査Ⅰ (180分)
     水 彩 画
     ・与えられたモデルを描く。
      ※用紙(四つ切り画用紙)は同校で準備する。

(イ) 適性検査Ⅱ (60分)
     鉛筆素描
     ・与えられたモデルを描く。
      ※用紙(八つ切り画用紙)は同校で準備する。

6 そ の 他
(1) 携 行 品
        (ア) 受験票、昼食、上ばき。
        (イ) 音楽科は筆記用具(鉛筆・消しゴム)。なお、弦・管・打楽器専攻志願者はそれぞれの楽器。
        (ウ) 美術科は水彩用具一式(水彩絵具・パレット・絵筆・筆洗など)、鉛筆素描用具一式(鉛筆・消しゴム  ・カッター・クリップなど)。
       ※画板は同校で用意する。
       ※透視枠(デッサンスケール等)は使用不可。

  (2) その他詳細については、大分県立芸術緑丘高等学校に問い合わせること。