全日
音楽科
|
美術科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 県立学校自転車通学生のヘルメット着用義務化について

学校からのお知らせ

県立学校自転車通学生のヘルメット着用義務化について
2020年12月23日

令和2年12月23日

 

保護者・生徒の皆様へ

 

大分県立芸術緑丘高等学校長

 

県立学校自転車通学生のヘルメット着用義務化について

 

県立学校生の自転車事故は依然として多く、その約3割が頭部損傷事故となっています。頭部損傷は死亡・重体・重傷事故につながる危険性が高く、一昨年には自転車通学中の高校生が自動車から追突され、脳挫傷により一時意識不明となる事故も発生しています。

頭部損傷の軽減にはヘルメット着用が有効なことから、自転車通学生のヘルメット着用を努力義務とすること等を定めた「大分県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(令和2年大分県条例第49号)が制定されたことを踏まえ、令和3年4月から県立学校自転車通学生のヘルメット着用を義務化する方針が決定されました。

つきましてはご家庭におかれましても準備を行い、自転車通学生のヘルメット着用義務化について着実な取組をお願いします。

 

 

1 ヘルメット着用義務化について

各学校においてヘルメット着用が自転車通学の許可要件とし、令和3年4月から適用になります。

 

2 その他の交通安全上の配慮

ヘルメット着用義務化と併せ、安全な自転車利用のため、以下の事項についてもご指導をお願いいたします。

●自転車の防犯登録        ●駐輪時の施錠(二重ロック)

●雨天時のレインコート着用    ●反射材(ステッカー等)の取付け

●自転車の定期的な点検及び整備

●自転車損害賠償責任保険への加入

 

3 自転車用ヘルメットについて

① ヘルメット着用義務化に向け、多くの自転車通学生(私立学校を含む)が短期間でヘルメットを購入することから、学校用品指定による購入斡旋などを行い、生徒が確実にヘルメットを購入できるよういたします。

② その他でご購入の場合、自転車用ヘルメットは、安全基準を満たしたもの(SG、CEなど)をお願いします。