全日
音楽科
|
美術科
全日
HOME > 進路 > 卒業生の声~工藤諒二さん

進路

卒業生の声~工藤諒二さん
2011年10月20日

私は現在日本テレビでビジュアルデザイナーとして東京で頑張っています。

朝の生放送番組を担当しているので私の制作物を皆さんが目にする機会も多いのではないでしょうか。

具体的に何をしているかと言うと番組内に使用するフリップやスーパーベースのデザインをしたりその中に入るイラストを描いたり似顔絵を描いたりテレビに関わる色々な仕事をしています。ときには映画やテレビ番組のタイトルロゴやイメージキャラクターをデザインする大きな仕事を任されることもあります。とても充実したやりがいのある仕事だと思います。

しかしその半面、報道関係の番組はスピードと正確さが要求されます。戦争、テロ、暴動、自然災害、日々世界状勢は変わっています。そのような切迫した事態に俊敏に対応しできる精神力が必要な職場でもあります。それがマスメディアの先端にいるという責任だと思います。ターゲットを定めない万人に分かりやすいデザインは想像以上に難しく、本当にいろいろな事を学び一瞬一瞬が勉強なんだと毎日感じ暮らしています。

そんな切迫した事態に対応できる基盤を作ったのは間違いなく緑丘高校での3年間です。

緑丘高校で学んだことは今の私を作る一番の軸になっていると断言出来ます。そのくらい濃い芸術三昧の3年間、自分の将来ついて悩み抜いた3年間でした。仲間と切磋琢磨し笑い合い助け合い討論を重ね芸術に向き合った毎日があったからこそ今の厳しい職場でも楽しみを見いだせる私であれると胸を張って言えます。

これから緑丘高校を受験しようと考えている皆さんはぜひとも今の漠然と描いている夢を芸術にぶつけてください。しっかり悩んでそれを表現して、そして緑丘高校に入学した際は3年間の学生生活にがっつりぶつけてください。この学校で悩むすべては必ず将来の自分の糧になります。毎日が自分と向き合い戦う忙しい日々です。美術科同志で美術論争を放課後まで繰り広げ、音楽科との考え方の違いに驚き、先生方に私たちの知ってる「大人」と違う目からうろこの助言をもらい…もう毎日が忙しくて忙しくて。笑

そして彼らは卒業してからも皆それぞれの夢を追っています。いまでも僕の夢を自分のことのように悩んでくれる確かな同志です。ぜひとも必死こいてガッツリ勉強して入学しちゃって悩んで悩んで苦しくて顎が外れるくらいめちゃくちゃ楽しい高校生活を全力で駆け抜けて下さい!!

 

工藤くん写真

2011年7月18日 工藤諒二