全日
普通科
|
地域産業科
全日
HOME > 校長室 > 新年度のごあいさつ

校長室

新年度のごあいさつ
2019年04月12日

大分県立玖珠美山高等学校 校長 奥田 宏

校長挨拶

 

 「遥かな未来へ 春秋を刻む 君の明日に 幸せあれ」

 今年も生徒たちとともに校歌を歌うことができることを、幸せに感じています。

 本校2年目になりました、校長の奥田でございます。保護者の皆様方には、平素から本校教育に対して、ご理解・ご協力を賜り、ありがとうございます。また、地域の皆様方には、物心両面にわたり本校に厚いご支援を賜り、感謝を申し上げます。

 昨年度、普通科は、教員の授業改善による充実した授業や個人添削・個人指導により、楽しく学びながら、学力の伸長を実感することができました。「伸びる美山 伸ばす美山」を合言葉に取り組んできた成果が現れていると考えます。

 地域産業科は、4類型(野菜、草花、食品加工、畜産)における、農業の基礎力・実践力の育成とともに、すべての類型で課題研究に取り組みました。地域農業の課題解決に向けた研究は、県内外の大会で多数の入賞を果たしました。また、特許取得のバークマットやレンゲツツジの保護活動などの環境に優しい農業教育の実践により、大分県教育奨励賞を受賞しました。

 部活動は、多くの生徒が参加しており、仲間とともに楽しく活動しています。ホッケー部、少林寺拳法部、吹奏楽部、美術部が上級大会への出場資格を獲得しました。

 地域のイベントでは、様々なボランティア活動に参加する機会を与えていただき、ありがとうございました。参加した生徒が、大人や子どもに混じって活動する中で、人間力を高めることができたと考えています。

 今春の卒業生は、九州大学、長崎大学薬学部などの国公立大学、私立大学、専門学校などの進学や就職に、一人一人の進路希望を達成することができました。詳細は、HPの進路のページをご参照ください。

 今年度も引き続き、重点目標「安全・安心な環境のもとで、志と挑戦意欲の育成」を掲げ、様々な教育活動を展開します。生徒が落ち着いて学習に励み、友人と切磋琢磨しながら高みを目指し、夢や目標を実現できるように、全職員でサポートします。

 今後も、生徒たちの笑顔にあふれ、地域に愛され信頼される学校づくりに邁進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 平成31年(2019年)4月

大分県立玖珠美山高等学校 校長 奥田 宏