全日
普通科
|
園芸ビジネス科
|
電子工業科
全日
HOME > コース・学科 > 「JGAP」の認証の更新をしました。

コース・学科

「JGAP」の認証の更新をしました。
2015年12月22日

「JGAP」とは

  JapanGoodAgriculturalPracticeの略。「工程管理に基づく品質保証」の考え方を農業現場に導入し、食品事故などの問題を農場が未然に防ぐ農業生産工程管理の手法1990年代に欧州で普及し、NPO法人日本GAP協会が2007年11月から日本版の認証制度を採り入れました。昨年11月末現在で全国で1651団体が認証を受けています。

一般的には、日本の農業生産工程管理と呼んでおり、農産物の生産工程全体を通して

  • 農場運営と販売管理
  • 食の安全
  • 環境保全
  • 針労働安全

の4つの観点を念頭に置いて生産が行われているかを審査してもらいます。

 本校の取り組み

 本校においては、2012年1月12日に大分県の農業関係高校ではじめてトマトとメロンで認証され、今年で3年目になります。

 今年は、10月29日にJGAPの審査を受けましたが、私たちが日頃の実習で行っている農薬や肥料の管理、そして、トマトとメロン温室内の環境整備、野菜調整室の整理・整頓等多くのことで審査をされ、その結果適合基準に達していたので、JGAPの認証を取得することができました。この認証を取得したことで、本校のトマトとメロン生産においては、適切な農場管理を実践している信頼性の高い、安全・安心な農場であることを社会全般にアピールすることができます。

 私たちは今後も自信と誇りを持って農場実習に励みたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

>>home