全日
普通科
|
園芸ビジネス科
|
電子工業科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 新年度 入学式校長式辞です

学校からのお知らせ

新年度 入学式校長式辞です
2019年04月09日

式 辞 
 
 国東各地の桜の木々に緑の葉が見られ、あらゆる生命が躍動する気配を感じる今日の佳き日、ここに大分県議会議員木付親次様、国東市長三河明史様をはじめ多くのご来賓の方々、関係の皆様をお迎えして平成三十一年度大分県立国東高等学校の入学式を挙行できますことを厚く御礼申し上げます。
 ただ今、入学を許可致しました新入生の皆さん、入学おめでとうございます。私たち教職員一同、皆さ
sakura-mini-bokasi2んの入学を心から歓迎いたします。
 
 国東高校には三つの学科があり総合選択制を取りいれています。各学科において進路目標実現に対応した教科・科目や興味関心に応じた教科・科目の学習をすすめ、学力を高め、視野を広げ、その結果として自分の進路目標を達成してください。

 
 さて、本校は「鍛え磨く、探る、挑む」の校訓のもと各種教育活動を展開しています。これから本校での高校生活を始めるにあたり、校訓と感謝についての話をします。
 
 第一は校訓の一つである「鍛え磨く」について。これは自身の成長のため知・徳・体を鍛え磨く努力を続けるととらえてください。
 自分の現在の状況と理想とする状況との差を認識して、その差を少しでも縮めて自分の理想に近づく過程が努力であり鍛え磨くことです。努力しようとする意欲は、客観的な現状認識と明確な目的設定があって初めて生まれます。漠然と日常を過ごしていては、努力するエネルギーは生まれません。将来、社会人となる責任感と自覚をもって、自ら高い目的を掲げ、そこに到達するために何をすべきか、どんな手続きを踏むべきかを認識することが必要です。目的に向かってひたむきに努力する姿は、自らの成長を保証するだけでなく、共に励ましあう仲間、生涯の友を作ることにもつながります。
 
 次に校訓の「探る・挑む」についてです。高校の三年間は、これまで以上に様々な物事に挑戦することで、自らの可能性が広がります。学習活動、学校行事、部活動、生徒会活動、ボランティア活動など本校の活動の場は多岐にわたっています。この恵まれた環境を生かし、あらゆる機会を挑戦の場として、目標実現のための取り組んでほしいと思います。挑戦とは、今までの自分の殻を破り自分が作っていた限界線、これくらいできれば十分だと判断していた基準を取り払うことです。さらに一つ上の自分を目指し、様々なことに挑戦してください。
 
 最後に「感謝」に関してです。誰かから助けられたり、何かを頂いたりした場合に私たちは感謝の気持ちを表します。これは当然のことです。私が伝えたいのは自分が置かれている状況・環境そのものへの感謝ということです。自分を育ててくれた親、支えてくれている家族。ここまで指導いただいた中学校、小学校の先生方の存在に対しての感謝。毎日当たり前のように学校に通える環境・社会に対しての感謝。このように当たり前の物ととらえがちな物事を、有難いと思える感性を身に着けていただきたい。
 
 以上、「鍛え磨く」「探る挑む」「感謝」の三つの観点からお話ししましたが、これらを意識して高い次元においてバランスの取れた人間へと成長されることを期待します。
 
 終わりに、本日この場にお越しいただいている保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。いよいよ高校生活がスタートします。本校では授業前の朝学習、授業、放課後の部活動、そして家庭学習といった一日が繰り返されていきます。この生活習慣が身につくようにご協力をお願いします。規則正しい生活はお子様の成長や学力向上につながります。三年後の大学入試、就職試験を意識した日常生活を送ることができるようなご支援をお願いいたします。
 
 結びに、新入生の高校生活が心身ともに健康で実り豊かなものとなるよう教職員一同最善を尽くしてまいりますので、ご列席の皆様からのご支援を賜りますようお願い申し上げ式辞といたします。

    
 平成三十一年四月九日

       大分県立国東高等学校

               校長 寺本尊裕