全日
海洋科
全日
HOME > 校長室 > 校長室から②

校長室

校長室から②
2017年07月10日

 seamanshipという言葉を聞きました。どのような意味かというと、「船乗りとしての技術と資質」とのことです。sportsmanshipとは少しニュアンスが違うようです。

 7月9日(日)鹿児島県枕崎市枕崎港外港水面にて、第42回九州地区水産・海洋高等学校カッターレース大会が行われました。カッターレースとは水産系高校の伝統的競技で、小型のボート(カッター)を、12名の漕ぎ手(クルー)と艇指揮、艇長の計14名で操るものです。九州地区の水産・海洋系高校から9艇が参加し、全国大会の切符目指して競技を行いました。

 当日の天候は曇り・・・、蒸し暑く、吹き続ける海風だけがわずかな救いでした。

 本校は予選第2レースを1位通過、タイムも5分57秒85で全体の1位でした。つづく準決勝、第2レースは宮崎海洋高校との接戦となり、2秒差で惜しくも決勝進出はなりませんでした。

 このレースの後半から天候が急変、雨が降りはじめました。かなり強く降り、決勝戦に備えているカッターの中に水がたまってきました。主管校の鹿児島水産高校の生徒たち(彼らも準決勝で涙を飲んだのですが…)がカッターに乗り移り、一生懸命水をすくい出していました。閉会式の前に鹿児島水産高校の校長先生に教えられたのですが、その決勝戦に向けてのカッターの整備に本校生徒数名も参加していたとのことです。レースに敗れて悔しい心を抑えて大会運営に参加し、他校生の事を思いやる・・・、大切なことだと思います。

 seamanshipという言葉の意味は「船乗りとしての技術と資質」、その資質の中には「海と海で行われる競技を愛し、海のように広い心」も含まれているのではないかと思いました。

   

 8月8日(火)に中学生体験入学が行われます。百聞は一見にしかず、興味のある中学生と保護者の方は是非本校の活動を体験して下さい。ご参加をお待ちしています。