全日
海洋科
全日
HOME > 校長室 > 校長挨拶 - 大分県立津久見高等学校 海洋科学校

校長室

校長挨拶 - 大分県立津久見高等学校 海洋科学校
2013年08月30日

朝生校長.jpg

校長 朝生 能文

平成25年度 第2回入学式式辞

 

豊の海原も青々とその輝きを増し、校庭や校舎を縁取る木々も緑豊かに色付いてきました。すべてのものが躍動の気に満ちたこのよき日、多くのご来賓や保護者の皆様のご臨席のもと、大分県立津久見高等学校海洋科学校 第二回入学式を盛大に挙行できますことを、厚くお礼申し上げます。

ただ今入学を許可しました海洋科41名、専攻科6名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。また、保護者の皆様にも心からお慶び申し上げます。教職員一同、皆さんの入学を心より歓迎いたします。ご承知のように、本校はこれまでの海洋科学高校・臼杵商業高校・津久見高校の3校が、発展的に統合して誕生した新設津久見高校の海洋科の学校として昨年度から新たな船出を始めました。学校名や形態は変わりましたが、県内唯一の水産・海洋系教育を実践してきたこれまでの海洋科学高校の崇高な精神と使命は不変に引き継がれています。

 さて、真新しい制服に身を包み、瞳を輝かせた皆さんは、今まさに新たな一歩を踏み出しました。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れることなく、夢と希望の実現に向け、楽しく充実した感動ある高校生活を送って下さい。皆さんの一歩一歩が新たな海洋科学校の歴史になります。入学にあたり、まずしっかりと胸に刻み込んでもらいたいことは、建学の精神として掲げる校訓の「至誠・感動・進取」です。「至誠」とは精神の根本となるものです。誠実で思いやりのある人間関係を構築し、周囲の人を幸せにできる人間になってほしいとの願いを込めています。海洋科学高校の校訓「誠実」を受け継いでいます。

次は「感動」です。みずみずしい感性と意欲的な行動が感動体験を生み出します。感動は心を揺さぶり心を豊かにします。さらには、夢実現へと突き動かす大きな力となります。ぜひ、感動できる人・感動させられる人になってください。そして「進取」。挑戦する気概です。21世紀の新時代に、可能性を求めて挑戦し生き抜く強い意気。旺盛な好奇心と独創的な発想をもって、自らの人生をきり拓くたくましい人間になってほしいとの思いを込めました。臼杵商業高校の校訓「自橿」とこれまでの津久見高校に引き継がれている心訓「開拓者魂」をこの言葉に重ねました。

校訓は本校教育の根幹です。学校生活はもちろん日常生活を送る上でも、常に心がけて実践してください。

 さて、ある会社の採用の条件に「失敗したことがある人」とありました。「失敗した」とは、「チャレンジした」ということです。「失敗しなかった」とは「行動を起こさなかった」ということになります。入学後は、何でも「見ちゃろう 聞いちゃろう しちゃろう」という旺盛な好奇心で様々なことにチャレンジして下さい。知らないことは恥ではありません。勉強が出来るか出来ないかではなく、どれだけ分かろうと努力しているのか、そのことの方がより大切です。敢えて言います。これから様々なことに積極的に挑戦し多くの失敗や間違いを体験しましょう。そしてその原因を究明し解決する過程において、知恵や知識が蓄積され、その後の大成功へと結びつきます。失敗してもいいじゃないですか。間違ってもいいじゃないですか。これらは成長するための絶好のチャンスです。皆さんには素晴しい可能性が秘められています。どれだけ伸びるか本当に楽しみです。「未来のための今」がスタートしました。専攻科の皆さんは、第一回遠洋航海実習がすぐ始まります。「海を怖れず 海を愛し 海を拓く」の精神で、専門的な学習や部活動・生徒会活動等に積極的に取り組んで下さい。

昨年度、無遅刻無欠席である皆勤を達成した生徒は、現2年生20名、現3年生9名でした。その中で、中学校時代に皆勤だった生徒は一人だけでした。本校に入学してからこれだけの生徒が無遅刻無欠席を達成していることは何を意味するのでしょう。当然本人の努力が一番です。同時に教職員の指導も大きなものです。本校の教職員が「一人ひとりを大切にし、一人ひとりを伸ばす教育」を実践していることの証です。高校生活のスタートに当たり、不安もあることでしょう。しかし、本校には、豊富な専門知識を有し熱意溢れる素晴らしい先生方が揃っています。様々な場面で指導をしてくれます。安心して一緒に歩んで行きましょう。

保護者の皆様にお願いいたします。学校では教職員一丸となり、責任を持ってお子様の教育に当たり、これからの時代を自律的、主体的に生きる活力ある人材の育成に努めてまいります。しかしながら、子どもたちの教育は学校だけでできるものではありません。家庭と学校との一致協力があってはじめて達成できます。様々な活動を通じて連携を深めていきましょう。毎日、家庭で「おはよう」「ただいま」「お帰り」等の挨拶をぜひ交わしてください。またPTA総会などの折には、ぜひ学校にお越しいただき、お子様の活躍や成長ぶりを見ていただきますようお願いいたします。

 結びになりますが、ご来賓の皆様には、ご多用の中、ご臨席くださり誠にありがとうございます。今後とも、大分県の水産教育の宝である本校に対し、絶大なるご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

新入生の皆さん、海洋科学校での航海を素晴らしいものにし新たな歴史を刻んで行きましょう。大分県オンリーワンの誇りある学校づくりに邁進していくことをお約束し式辞といたします。

 

平成25年4月10日

大分県立津久見高等学校海洋科学校

校長 朝生 能文