全日
海洋科
全日
HOME > 校長室 > 第1回入学式 校長式辞

校長室

第1回入学式 校長式辞
2017年04月12日

式辞

 木々の緑と桜の花に春の訪れを感じる候となりました。すべてのものが躍動の気に満ちたこのよき日、県議会議員 志村  学 様、久原和弘 様、県漁業協同組合代表理事組合長 山本 勇 様を始め多くのご来賓並びに保護者の皆様方のご臨席を賜り、第一回入学式をかくも盛大に挙行できますことは、本校にとりましてこの上ない喜びであり、皆様に心から感謝申し上げます。

 ただ今入学を許可しました海洋科「四十名」、専攻科海洋科「七名」の皆さん、入学おめでとうございます。教職員・在校生一同、心から祝福し、歓迎いたします。また、保護者の皆様方にも心からお慶び申し上げます。

 真新しい制服に身を包み、輝く瞳と晴れやかな表情の生徒の皆さんは、大分県の県立高校の中で異彩を放つ海洋科学高校の生徒として、今まさに新たな一歩を力強く踏み出しました。喜びや希望に満ちあふれ、大いなる期待を抱いていることでしょう。

 また、本日の喜びは、皆さんのたゆまぬ努力の賜物であるとともに、これまで慈しみ育ててこられた保護者やご家族、小・中学校の先生など、支えてくださった多くの方々のおかげでもあります。感謝の気持ちを絶対に忘れないでください。

 新入生の皆さんも知っているとおり、海洋科学高校は少子化による高校再編整備の中で、平成二十四年三月三十一日に閉校して津久見高校の分校となりましが、本年一月一日に本校へと返り咲き、先ほど開校式を行いました。昭和十九年四月大分県立臼杵農水産学校として発足、昭和二十八年には大分県立水産高等学校と改称、平成五年に大分県立海洋科学高等学校と改称、その歴史は一旦途絶えかけましたが、今年新たなるスタートを切ることとなりました。県内唯一の水産に関する学科を要する学校として地域に貢献し、地域に愛され信頼される魅力・活力ある学校として発展して行くことを目指しています。

 さて、高校及び専攻科での生活のスタートに当たり、皆さんに二つのことをお話します。一つ目は思考力の育成、二つ目は学生としての本質です。

 将来、皆さんが生き抜く現代社会は変化が激しく、予想が難しい社会であると言われています。それは日本の企業の趨勢をみても明白であります。その社会においては、未知の問題に直面した時に答えを生み出すための「思考力」とともに、多様な価値観を認め、他者との対話をとおして現代の問題を解決できる「実践力」が求められます。一昨年度から全県的に行われております授業改善においても、この「思考力」を高める授業の実践が重視されています。先生方のご指導に従いながら、「なぜか」という疑問をもち、その解決の過程において「思考力」を高めてください。

 次に、学生としての本質ですが、学校は何といっても勉強をするところです。高校の勉強は、中学校に比べて専門性が高く、難しくなります。勉強は、自己の目標達成・研鑽のため自ら取り組むものです。特に本校でいう勉強には、実習が含まれます。高校生については二年次に航海、機関、食品の三コースに分かれますが、各コースでの実習は皆さんの専門性を高め、資格取得に結び付き、就職や専攻科を含む進学への道を開きます。専攻科については、より専門性を極め、三級海技士以上の資格取得を目指し、幅広い社会人としての資質向上に努めて下さい。

 そして勉強だけではなく、部活動やボランティア活動など学校内外の諸活動に積極的に取り組み、多くの感動体験を積んでもらいたいと思います。皆さんは今、精神的にも肉体的にも大きく飛躍し、人生の基礎を形成する重要な時期にあります。何事にもチャレンジし、豊かな感性、逞しい精神力と体力を培って下さい。

 次に、保護者の皆様にお願いいたします。本校では教職員一同一丸となり、生徒一人ひとりの能力を引き出し、目標達成に向けての指導に努めてまいりますが、子どもの教育は学校だけでできるものではありません。家庭と学校が一致協力して初めて成し遂げられるものです。学校行事、PTA活動など様々な活動を通して連携を深めていきたいと思いますので、ご協力をお願いします。

 また、ご来賓の皆様には、ご多用の中、ご臨席いただき誠にありがとうございます。平素からのご高配に対し、心から感謝申し上げますとともに、今後とも本校教育に対する絶大なるご支援とご協力をお願い申し上げます。

 最後になりましたが、将来に対し、無限の可能性を秘めた生徒の皆さん。これからどれだけ成長するか、本当に楽しみです。高校生は三年後、専攻科は二年後、皆さんそして保護者の皆様から、「海洋科学高校に入学してよかった。」「専攻科で学んでよかった。」と、満面の笑みで言っていただけるよう、責任を持って教育にあたることをお誓いし、式辞といたします。

 

  平成二十九年四月十一日

    大分県立海洋科学高等学校

     校 長    堀 江  健