全日
海洋科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 国東のカキ養殖施設を見学しました

学校からのお知らせ

国東のカキ養殖施設を見学しました
2019年03月07日

3月6日(水)に海洋科2年食品コースの生徒が国東市にあるカキの浄化施設とカキ養殖場を見学しました。

厳しい衛生管理体制で生産・出荷されている生食用カキ「くにさきOYSTER」の見学を通して、食品衛生の考え方や重要性を学びました。

 

株式会社ヤンマー マリンファーム(浄化施設)

ヤンマーがカキ養殖に取り組む理由やカキの養殖方法、商品を安全に提供するための衛生管理について説明していただきました。

その後、実際にカキの浄化を行っている様子や商品の包装の様子を見学させていただき、工程毎に細かくルールをつくり、安全な商品づくりに取り組まれていることが分かりました。

養殖方法や衛生管理について説明していただきました 発送される商品の包装を見せていただきました

 

カキ養殖場

養殖場では、実物のカキと養殖に使用するカゴを見せていただき、「くにさきOYSTER」のこだわりを教えていただきました。

生で食べることを目的にしているため、水質検査などを徹底し、カキの殻の形にまでこだわっているとのことでした。普段見るカキは様々な形や大きさですが、見学したカキはどれも殻が深くきれいな形で、生徒も驚いていました。

生食用のカキは、低温加熱での商品にもできるという話を聞き、食品加工には、材料がどのように製造されているかも大切なのだと感じました。

養殖方法を説明していただきました どのカキもきれいな形をしていました

生徒たちは今回の校外実習で、学校で学んでいる衛生管理が、現場で実用されているのを見て衛生管理の大切さを再確認することができました。また食材の生産にはとても手間がかかっていることを知り、食材を大切に、そして食材の性質を生かした調理が重要であることを学ぶことができました。