全日
海洋科
全日
HOME > 学校からのお知らせ > 新大分丸造水器モーター破損による、三崎港入港修理について

学校からのお知らせ

新大分丸造水器モーター破損による、三崎港入港修理について
2016年09月15日

保護者各位

9月10日(土)の新大分丸出港後に冷凍機の故障で、臼杵港に戻り、修理を完了し、

13日(火)に再出港した新大分丸ですが、14日(水)八丈島付近航行中の新大分丸から連絡があり

海水から淡水を作る造水器※に異常が見られ、淡水を作ることが出来なくなりました。

機関部において修理を試みましたが、起動しませんでしたので、再度修理のために、神奈川県の三崎港

へ入港し、業者の点検ならびに修理を急遽行うこととなりました。

三崎港へは本日午前10時を予定しており、その後修理作業に移りますので、その後の日程等については、

決定次第ご報告いたします。

二度の機器の故障で、ご心配をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

なお、生徒については、本科生、専攻科生徒もモチベーションは高く、船内実習に励んでいるとの報告を受けておりますので

ご安心ください。

また、航海実習中でありますので、生徒への携帯電話等の連絡はお控えくださいますよう、宜しくお願いいたします。

今後とも航海に際しましては、安全第一で参ります。

※造水器:海水から淡水を作る装置で、この水は雑用清水と呼ばれ、主に皿洗いや洗濯、シャワー等の水として

 用いられ、飲用することはありません。飲用する水は別に清水として臼杵にてタンクに積み込んでいるものを使用しています。