全日
海洋科
全日
HOME > その他の活動 > 新大分丸帰港しました! - 大分県立津久見高等学校 海洋科学校

その他の活動

新大分丸帰港しました! - 大分県立津久見高等学校 海洋科学校
2013年06月24日

6月24日早朝、新大分丸が臼杵港に帰港しました。

入港前

梅雨前線の影響であいにくの雨となりました。

入港後、船内において「帰港式」を行いました。

校長挨拶

校長、船長のあいさつの後、実習生を代表して専攻科2年髙瀬君が力強いあいさつを行いました。

生徒代表挨拶

<生徒代表挨拶>全文

私達、専攻科2年生6名、1年生6名は、戸田船長をはじめとする乗組員の方々や指導教官、

そして学校の先生方や保護者の皆様のご支援のおかげで無事第1次遠洋航海実習を終えることができました。

1年生は引き続き次の第2次遠洋航海実習に向けて頑張ってほしいと思います。

2年生はひとまず新大分丸での遠洋航海実習が終了となります。

振り返ってみると様々な航海実習で貴重な体験ができ、特に長期遠洋航海実習では、

まぐろ延縄漁業や海洋観測等、本校ならではの実習に取り組むことができました。

これらの1年6か月という乗船期間で、少しは成長できたのではないかと思っています。

将来立派な航海士、機関士として日本の水産・海運業に貢献できるように、

この新大分丸で学んだ知識や経験を生かしていきたいと思っています。

また、大分県立津久見高等学校海洋科学校の専攻科生としての誇りを持ち、

これからの就職試験や上級海技士免許取得に向けて頑張っていきたいと思います。

髙瀬聖義(顔写真) 専攻科生徒代表 2年 髙瀬 聖義(たかせ せいぎ)