全日
海洋科
全日
HOME > その他の活動 > 平成27年度 実習船「新大分丸」合同保安訓練を実施しました!

その他の活動

平成27年度 実習船「新大分丸」合同保安訓練を実施しました!
2016年03月23日

平成28年3月23日(水)13時から、臼杵港新大分丸接岸岸壁において、
臼杵土木事務所・臼杵津久見警察署・臼杵消防署の協力のもとで、合同の保安訓練が行われました。

これは、実習船「新大分丸」乗組員が新大分丸の保安(安全確保)のために行っている訓練に、
外部の各機関との連絡・連携の協力体制を確保することを目的としています。

 

今年度の訓練は、「船内に爆発物が仕掛けられた」との想定で行いました。

009 001 

船長からの通報により、港湾管理者である「臼杵土木事務所」、「臼杵市消防本部」、「臼杵津久見警察署」

の各機関が、新大分丸に駆けつけてくれました。

全員がそろった段階で、新大分丸船長が現在の状況と、捜索を開始することを説明しています。

 

002 003 (2)

捜索の前に指導教官の引率で、専攻科1年の実習生9名が安全な船外「岸壁」へ退避しているところです。

今回、実習生は装備を調えて速やかに避難するのが役割です。きびきびと行動することが出来ました。

004 005

6班に分かれた乗組員は、船内外の捜索が開始されました。各班は捜索状況を随時船長に報告します。

006 008

約15分間の捜索を行いましたが発見されず、安全確認のためいったん船外に退避します。

010

無事に船外に退避したところで、ほぼ同時に船首付近から爆発音と共に発煙が上がりました。

万が一のために待機していた臼杵市消防本部の職員が放水作業を行っているところです。

011

訓練も無事終了し、臼杵消防署のかたから講評を受けています。

「緊張感のある、きびきびとした訓練で良かった。」と高評価をいただきました。

012

次年度の航海実習に向けて実りある訓練となりました。