定時
普通科
定時
HOME > 校長室 > 一学期終業式 式辞

校長室

一学期終業式 式辞
2014年07月18日

                                        1学期終業式 式辞 (抜粋)

 

 

自立(450*450)jpg.jpg 自律(450*450).jpg  


                                                              

                                                                                
   1学期も本日が最終日となりました。そこで節目となる今日、この1学期を振り返り、少し話をしたいと思います。

 

  本校の目指す学校像のなかに、『心温まる学校』という言葉があります。その「心温まる」出来事が、今学期沢山ありました。少し紹介します。


   学習面では、書道や情報の授業準備を自主的にしてくださった皆さんがいると聞きました。気持ちよく授業を始めることが出来ました。


   クラスのなかでは、プランターの水やり等の世話を積極的に行ってくれた皆さんの様子も見ました。そのきれいな気持ちがきれいな花となって今、満開の状態です。定時制のシンボルとして、大切にしたいという気持ちとともに、私たちの心をいやしてくれています。

 

   また、今学期、多くのチャレンジが印象に残っています。


  仕事をしながら学校を続けるだけでも大変でありますが、さらに情報の検定試験にチャレンジするために対策をされる皆さんがいると聞きました。さらなる高みを目指して欲しいと思います。

 

   部活動では、先輩による丁寧な指導をうけて、チャレンジ精神で頑張った人がいます。先輩や友人と心一つにして戦うことで素晴らしい達成感を得ることが出来たでしょう。人間的にも成長したと思います。ぜひとも、今後につなげてもらいたいと思います。

 

   次に、皆さんの来学期での成長を願って少し話をします。

 

  それは、2つの「じりつ」ということばについてです。


   「じりつ」を漢字で書くと、一つ目は『自立』と書きます。この意味は、依存・受け身から脱し、主体的に自分の足で立つことです。一人で生活ができ、仕事などきちんとこなせるということです。


   二つ目は『自律』と書きます。この意味は、自らのルールに従って判断し行動できるという意味です。自分自身の行動に責任を持ち、他人のことを考えながら、辛抱すべきところは辛抱して努力するという意味です。


   自分自身に厳しく、大人としての行動が出来る二つの「じりつ」を大切に2学期は更に成長してください。


   本日から長い夏休みとなります。せっかくですから自分の成長となる目標を立て、有意義に日々を過ごしてください。


   9月1日には、元気な姿で諸君達に会えることを願っています。