定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 3学期始業式 式辞

学校からのお知らせ

3学期始業式 式辞
2015年01月08日

 nenga_i11.pngnenga_i11.png

 

 

   

                                         

i-hituji214.png

 平成27年が幕をあけました。良い新年を迎えることができたでしょうか。この1年皆さんにとって素晴らしい年となることを祈念するとともに、学校としても、皆さんの生き生きとした姿と多くの感動に出会える学校でありたいと願っています。


 さて、私たちは新年に今年の目標を立てることがよくあります。皆さんはこの1年の目標をどのように立てたでしょうか。きっと今、目標に向かって努力する気持ちを高めていることと思います。この目標について、年の初めにあたり一つだけ話をしておこうと思います。


 「目標を達成するための目的をしっかり持つ」と言うことです。この「目的をもつ」ということは何をするにも極めて大事なことです。何のためにやっているのか、よくわからないのに、とにかく与えられたこと、言われたことだけを時間を費やしてしてる人がいます。これは、一見努力しているように見えますが、実は努力するふりをしているだけです。努力するためには、「何のために」という目的を常に意識し、しっかりと目標を見定めることです。
 目的を常に意識することは難しいことと思います。そのためには、時には自分自身の意識を変えなければいけません。まず、自分の目標をしっかり持ち、「何とかしよう」という実現に向けての強い意志が必要です。次に、今までの自分に気づき、自らを変えるために実際に行動することが必要です。そこに「何のために」という目的が必要です。目的なしでは、目標達成のための工夫は生まれません。工夫なしでは、結果も得られないと思います。  ぜひとも行動するための「目的」を大切にしてください。


 最終学年である4年生、3修生の3年生は、4月からの進路先に向けての大切な助走期間となりますから、さらに人間的な成長を図ることが必要です。自分の生活を見つめ直すとともに、責任ある行動がとれるよう残された高校生活の充実を図って欲しいと思います。
 昔からよく言われますが「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」、3学期は直ぐに過ぎ去ってしまいます。最終学年でない皆さんは、次の学年に繋がる大切な時期ととらえ、勉強、行事に真剣に取り組んで欲しいと思います。


 結びに、平成27年は、皆さんそれぞれがどんな活動にも常に目的を持って取り組んでください。目的を持つことで新たな課題や目標が見え、更なる成長がきっと図れると思います。昨年より今年、皆さんが素敵な人に成長できることを期待して3学期始業式のことばとします。
 

                          校長先生.jpg             illust1295.png