定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 令和2年度3学期終業式 式辞

学校からのお知らせ

令和2年度3学期終業式 式辞
2021年03月24日

3学期終業式 式辞 

 

 皆さん、こんばんは。早いもので学校臨時休業という前代未聞の事態を含んだコロナ禍の令和2年度も間もなく終わります。
 これまで皆さんや先生方の協力もあって、運よく追加の臨時休校といった措置を講じることなく毎日を過ごすことができたのは本当にありがたいことです。
県内では感染者数がほぼいない小康状態となりましたが、先日は県内初となる変異株ウイルスが検出されるなど、まだまだ油断はできません。
緊急事態宣言が出されていた地域も解除されたので、人の行き来が多くなり、第4波の感染拡大も心配されます。
 明日からは春休みとなりますが、皆さんには家庭やアルバイト先でも、感染防止対策を引き続きしっかりとお願います。
ワクチン注射も一部で始まりましたが、私を含めて誰が感染してもおかしくない状況であることは間違いないのでよろしくお願いします。
という状況で次年度もコロナ禍含めてどうなるかはまだ見通せませんが、何事も状況はよくなったり悪くなったりするでしょう。
 その都度一喜一憂することが想定され、それはそれで人間らしいと言えばそれまでですが、中国の明時代の崔後渠という人物は『六然』という書物にこんな言葉を残しているので紹介します。
その言葉は、得意淡然と失意泰然という言葉です。
得意淡然とは、順調にいっているように感じる時には、おごらずに淡々と対処すべきであり、失意泰然とは、思い通りにいかずに苦しい時には、慌てずどっしりと構えて対処すべきであるという意味です。
失意泰然の方、すなわち失意のとき落ち着いて物事に動じない様にとはいうものの、これはなかなか難しいことです。嫌なことがあれば人間は大なり小なり落ち込みます。
私にも経験があります。さらに、落ち込んでネガティブに消極的になれば、その空気は自然と周囲にも伝わります。しかし、それは周囲にとってはマイナスで何のプラスも与えません。だから、自分をコントロールして泰然としなければならないと諭しているのです。
要は、物事がうまく行っている時は、おごらずに淡々としていなさい。物事がうまくいかない時は、落ち込んだりせず、ゆったりと構えていなさいということです。
以前にも言いましたが、自分の機嫌は自分で整えることが必要です。
4月からの令和3年度も良いことや悪いことも起こると思いますが、コロナに負けずそしてコロナに振り回されることなく、当たり前のごく普通の毎日を過ごせることの有難さをしっかりとかみしめ、自分で自分を上手にコントロールしながら、普通どおりに過ごせる一日一日を大切に淡然と泰然としていきましょう。
以上で終業式の挨拶を終わります。

                                            令和3年3月24日(水)

                                                 校長 河 野 仁 彦