定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 社会への旅立ちセミナー&ワークルール出前講座を実施しました!

学校からのお知らせ

社会への旅立ちセミナー&ワークルール出前講座を実施しました!
2020年11月25日

 7月豪雨の影響で延期になっていた「ワークルール出前講座」を、11月25日(水)「社会への旅立ちセミナー」と同日、全学年を対象として開催しました。
 初めに、池田一徳さん(大分県総合雇用推進協会の若年者地域連携事業チーフコーディネーター)から、「何のために働くか(働くことと幸せ)」についての講話がありました。
「幸せに生きるとは、誰かのために働ける仕事があり、その人のために頑張ろうと思える人がいること。」という言葉が印象的でした。
 次いで、村山奉勝さん(大分県商工観光労働部雇用労働政策課主幹)から労働法規に関する講義を受けました。
配布された『働く人のルールハンドブック2020年度版』に沿って、労働契約・勤務時間・休憩時間・賃金・退職などについてのポイントを分かりやすく説明していただきました。
労働条件がよくないアルバイト先を辞めたいのに、店長が圧力(パワハラ)をかけてきて辞めさせてもらえない事例の動画など視聴しました。
労働法規は、労働者によりよく働いてもらうために事業所が守るべき法律です(事業所の義務)。「労働法」を知ることによって、事業主からの一方的な押し付けの言いなりにならなくてもよいということや、困ったときは一人で悩むことなく相談すること、相談先のリスト等、参考になる内容ばかりでした。
最後に、池田さんから、「働いていればきつい時が必ず来ますが、(植物が)苦しい時ほど地中深く根っこを張っていくように、あの時があったから今の自分がいると思える日がきっとくる。」「卒業するまでに、いつか仕事のこと等で(壁に)ぶつかった時に相談できる大人を見つけて、卒業してください。」とまとめの言葉がありました。
 前半40分、休憩10分を挟んで後半40分と長時間の講座でしたが、真剣に耳を傾け、ハンドブックを開いてポイントを確かめるたくさんの生徒の姿が見られました。