定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 令和2年度1学期終業式式辞

学校からのお知らせ

令和2年度1学期終業式式辞
2020年07月31日

1学期終業式 式辞 

 

 

 

 皆さん、こんばんは。いつもより10日遅い終業式となり、いろいろあった1学期が本日やっと終わります。世界中を席巻している新型肺炎対応のための臨時休業、校舎の大規模改修に伴う引っ越しなど、例年にはないことがありましたが、今日で一区切りつきます。

 さて、1学期の始業式で私は皆さんに質問をしましたが、どんな質問であったか覚えていますか? もう一回質問すると、「あなたが日田高定時制で学び生活する目的は何ですか? また目標は何ですか?」でした。で、その答えを出すためには、この学校で自分は何のために何にどう取り組み、何を目指したいのか、自分でしっかりと考えた上で学校生活を送ってほしいとのお願いをしました。

 1学期間過ごしてみて、時間の使い方、生活の仕方、勉強の仕方、これから目指す進路や人としての生き方在り方等をつかめましたか? つかめた人は、その調子でさらになりたい自分になれるよう、今後も努めていってください。

 もし、そうした仕方等がつかめなかった、これから先どう生きればよいかわからない人は遠慮なく担任の先生はじめ、ここにいる先生方に相談してみてください。頼れる人がいるのだから、大いに頼ってください。その上で、夏休みの8月1カ月間かけてしっかりと目指す進路や人としての生き方在り方をつかむよう努めてください。皆さん含めて、この世の中に生きるすべての人には、生きる意味と使命すなわち与えられた果たすべき役割があります。つかめていないのは、それに気づいていないだけなので、あせらずに自分のよいところや生かせるところを探してみてください。

 わかりきったことですが、時間だけは誰しもに分け隔てなく着実に過ぎていきます。私を含めここにいる誰にとっても、人生における2020年の夏は一度きりで二度と戻ってきません。何が言いたいかというと、時間を大切にしてほしいということです。今日の1日も確実に将来のなりたい自分とつながっています。なりたい自分に近づくために、自分にとって二度とない〇〇歳のこの1年を大切にしてください。動物では人間だけには明日と将来があります。明日のことを考えている猫がいたらぜひ紹介してください。ぜひ次の2学期が1学期以上に皆さんにとってよりよい学校生活の毎日となるようにしてください。

 ところで、大分県でも久しぶりに新たな新型肺炎感染者が出ました。全国的にも感染者が再び増大する傾向が表れています。悪いのは、感染した人ではなくコロナウイルスであることはいうまでもありませんが、まずは感染しないように感染をひろげないように努めることが社会を形成する私たち一人ひとりにとって課せられていることです。これから1か月間の夏休みとなりますが、家庭や出先、アルバイト先で、感染しない感染させないよう、お互いに十分に気を付けましょう。

 では、2学期の始業式に、全員元気な姿で再開しましょう。

          

 

                                 令和2年7月31日(金)    

                                        校長 河野 仁彦