定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 卒業生激励会あいさつ

学校からのお知らせ

卒業生激励会あいさつ
2020年03月01日

卒業生激励会 式辞

 

皆さん、こんにちは。本日晴れて卒業をされる11名の皆さん、あらためまして卒業おめでとうございます。
式辞の中でも触れましたが、今日の日を迎えるまでには、本当にいろんな苦労や頑張りがあったことと思います。
これから先も、楽しいことだけでなく苦しいことや悩むこと、これまで以上にいろんなことがあるかと思いますが、そんな時は是非ともみんなのことをよく知っている先生方や後輩たちがいる母校、日田高校定時制を訪ねてきてください。待っています。
さて、皆さんと私とは1年半年余りを一緒に過ごすことができました。この間、ゲートボールをしたり体育祭で一緒に踊ったり、回数は限られますが楽しい思い出ができました。
また、校長室で就職前の面接練習もしました。練習した後、採用の知らせを聞いたときはとてもうれしかったです。他には遠足など、差し入れのみで参加した行事もありましたが、おいしく食べてくれたようで何よりでした。
そうした毎日の中にあって、日中に働いたり自分の大切な時間を過ごしたりした後、人によっては早朝から働いた後、登校して授業を受ける姿からは、本当に学ぶことへの強い意志が感じられました。
思い起こすとこの1年は、生活体験発表会に、70周年記念式典にと大きな行事が2つありましたが、いずれも皆さんの協力により、無事立派な会とすることができました。武内さんと蒲池さんによる発表内容であった、奥山先生との出会いと別れ、定時制で学んだことへの誇りと定時制への愛情、はいずれも実体験に基づいた心からの声が会場に響き渡りとても感動的な発表でした。奥山先生もきっと天国から喜んでくれていることでしょう。
いよいよ皆さんは本日この学び舎を卒業してそれぞれの道へと進みますが、どこへ行っても何をするにしても大切なのは意志です。意志あるところに道は開けます。これまで頑張ってきた自分自身への誇りと自信をもって、これからも意志を大切にして社会へと羽ばたいていってください。ただ、おいしく栄養たっぷりの給食は残念ながらもう食べられませんので、これからも健康には人一倍気を付けて元気に頑張ってください。
最後になりましたが、お忙しい中、出席いただきました保護者の方々にお礼申し上げるとともに、卒業生の皆さんの限りない前途を祝福してのあいさつといたします。

 令和2年3月1日(日)
大分県立日田高等学校
校長 河野 仁彦