定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 令和元年度1学期終業式式辞

学校からのお知らせ

令和元年度1学期終業式式辞
2019年07月19日

1学期終業式 式辞 

 

 

 皆さん、こんばんは。早いもので、もう1学期が終わります。どんな1学期だったでしょうか。
 新入生の皆さんは、定時制という学校になれましたか? 1学期間過ごしてみて、時間の使い方、生活の仕方、勉強の仕方、等をつかめたと思うので、次の2学期もよりよい学校生活となるようにしてください。もし、そうした仕方がつかめていない人は遠慮なく先生に相談してみてください。
新入生以外の2年、3年、4年生はどうでしたか。「なりたい自分」は見つけられていますか。特に、卒業を控えた生徒の皆さんは、「なりたい自分」を描けていますでしょうか。日田高校定時制の先生方は、生徒の皆さんには「なりたい自分を発見し、その実現のためにひたむきに努力できる生徒」になってもらいたいと願って日々いろんな活動をしています。
 なので、卒業をする・しないはさておき、全員の皆さんにお願いしたいことは、10年後の自分の姿、20年後の自分の姿、30年後の自分の姿、についてぜひ考えておいてほしいということです。残念ながら、私には30年後の自分はこの世では描けません。皆さんにはまだまだ先がありますが、10年後のある日突然、「なりたい自分」の姿が出来上がるのではないので、学校を卒業してからも10年かけて「なりたい自分」を創ることが必要です。かくいう私も56年間、毎日毎日の生活を積み重ねた結果、中年腹をかかえた今日の「かわのきみひこ」となってここにいるわけです。10年かけて20年かけて30年かけて、今日の日がやってくるのです。皆さんもやってくるであろう10年後20年後30年後の日のために、毎日ここで学んでいるのです。変なことを言いますが、自分自身が私みたいに年を取ってこの世とお別れした時、自分はどんな人だったと言われたいですか? こんな人だったと言われたい自分の姿があるのなら、ぜひそういう人になれるように、そして「なりたい自分」になるためにどうすればよいかをこの夏休みの間にじっくりと時間をかけて考えておいてください。もし、「なりたい自分」が見えにくい人は、先生たちが力になりますので、遠慮なく相談してくださいよ。
では、2学期も引き続いて「なりたい自分」の姿の実現を目指して元気にがんばっていけるよう、安全や健康に気を付けてこの夏休みを過ごしてください。
 以上であいさつをおわります。

          

 

                                 令和元年7月19日(金)    

                                        校長 河野 仁彦