定時
普通科
定時
HOME > 学校からのお知らせ > 校内生活体験発表会 

学校からのお知らせ

校内生活体験発表会 
2013年10月03日

 

seikatsu02

 

seikatsu05のサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 seikatsu01のサムネール画像

seikatsu03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月20日(金)、生活体験発表会を行いました。

 

 本校の生徒は、毎年、この時期に自分を振り返り作文を書き、1年生から4年生までに必ず1度は、全校生徒の前で発表することになっています。

 

 他人の今までの人生をその人から直に聴くことは、大変重みがあり、聴く方も緊張します。そのためでしょう。発表当日の会場は発表者の声が流れるとシーンとしていました。

 

 発表者は人前で自分のことを発表するには勇気がいったことでしょう。また、聴く方は同級生や上級生の今までの人生に触れて何かを感じ取ったことと思います。

 

 校内体験発表は、会場にいた全員が何かを感じることができる貴重な場だと思います。

  

 

<発表者の感想>

・「声、手、足がずっと震えてた。感想を書いている今も震えてる。(笑)」

・「緊張した!」 「かみすぎてショック。もう少し気持ちの部分を書きたかった。」

・ 「途中で泣きそうになったけどそれでも全部伝えきれたと思う。」

 

<聴衆の生徒の感想>

 ・ 「GJ (^o^)」  ※GJ =Good Job(良かった!)

 ・「いろんな人達の体験を聞けてすごく楽しかった。悲しいこともあるが、それがあるから今があると思いました。自分ももっとがんばりたいなア・・・」

 ・「みんなの作文には心がこもっていて良かった。」

 ・ 「一人一人の『作文』というより『言葉』を聞いていて、色々なことに気づかされました。私だったら、「そんなこと」と思ってしまうことを、ある人は「楽しい!」と言っていたり、「当たり前」を「すばらしい!」と言っていたり・・・。日々の生活の中で慣れてしまい、自分はこんなにも冷たい人間になっていたのかと、何だか正座させられて、「お前!話を聞け!」と言われているような感覚でした。今年の発表はとてもすばらしかったです!」 

 

   選考は難しく、時間がかかりましたが、今年度は次のような結果になりました。 

 

    

最優秀賞    武内 志穂さん(4年)                  「志、稲穂に咲く」

   優秀賞     渡辺 徳也さん(1年)                   「学習する喜び」

               日隈 美里さん(1年)                    「おばあちゃんの一言」

   努力賞    グルチェンコ エカテリーナさん (4年)  「私の人生」

               井上 れいらさん(4年)                「今までのこと」

               井上 琴美  さん(1年)              「ある先生と出会えて」

 

  最後になりましたが、惜しくも賞を逃した生徒のスピーチもその真剣な内容とユーモアで会場を沸かせたことをお知らせします。

 

講評(教頭) 「勇気+決意+努力=再起」

  発表をしてくれた14名の生徒のみなさん、ありがとうございました。こんなに人をうならせ、考え込ませる、素敵な発表ができるみなさんを誇りに思うと同時に、日田高定時制にこんなに素敵な人が集まっていることをどうしたら大分県中の人に宣伝することができるだろうか?ということを考えながらみなさんの発表に耳を傾けていました。

 

 大切な家族の話から、自分を立ち直らせるきっかけを与えてくれた人や言葉との出会い、趣味、アルバイトを題材にしたもの、外国から日本をユーモアたっぷりに見つめ直したもの、50年ぶりに学習することの喜びを語ってくれたもの、自分の人生を振り返ったものなど内容は多岐に渡りました。

 

 その中でとりわけ、これまでの人生で苦しかった場面、つらかった場面を冷静に振り返り、そして、勇気をふりしぼって思い出し、それが今にどうつながっているかを話してくれたいくつかの発表にはあることが共通していることに気づきました。共通していたのは、「勇気+決意+努力=再起」という方程式です。 つまり、苦しかった、もうダメだと思った時に、「勇気」をだして、その目の前の壁を乗り越えることを「決意」し、そして、たどたどしい「努力」を続けることで、その壁を乗り越えて今がある。そんな力強いメッセージを発表者の言葉から感じました。

 

 来年のこの大会がどんなにすばらしい会になるのか、今から楽しみにしています。今日のみなさんの発表のすばらしかったことのほんの一部分を紹介して講評とします。

 

With courage, efforts and determination, you would always make a comeback.

  (勇気と決意と努力を忘れなければ、あなたはいつだって再び起き上がることができるだろう。ウィリアム・カリー)